エルメネジルド ゼニアの「新定番」と「ロングセラー」【時を超えて愛されるにはワケがある】

ITにより瞬時にモノが拡散・消費される現在。 そんな時勢でも求め続けられるロングセラーと、流されず定番にならんとするモノがある。その時代を超越して愛される理由を紐解く。


新定番
「シエナ」ラインのジャケット

2018年秋冬から登場した「シエナ」ラインのジャケットは、低めのゴージラインがクラシックな印象。それでいて細めのラペルや細身のシルエットに、モダンさをも感じさせる。

ジャケット¥364,000(エルメネジルド ゼニア/ゼニア カスタマーサービス TEL:03·5114·5300)


ロングセラー
「ミラノ」ラインのスーツ

世界最高峰の服地メーカーであるエルメネジルド ゼニア。1960年代に既製服へ参入し、ファッションブランドとしての歴史も長い。なかでも長年愛されているのが「ミラノ」ラインのスーツだ。肩パッドなどの芯地類を適度に凝らし、ウエストの絞りも緩やか。あらゆる世代がシーン不問で着用できる。

スーツ¥370,000、シャツ¥39,000、タイ¥23,000、チーフ¥15,000(すべてエルメネジルド ゼニア/ゼニア カスタマーサービス TEL:03·5114·5300)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ