駒がひとりでに動く! 魔法のようなチェス盤【IoT家電】

IoTとは、Internet of Thingsの略。情報を視覚化。搭載されたソフトウェアを常に最新の状態にできるモノを指す。そんな日々の生活を豊かにしてくれる、IoT製品を紹介する。

AIや世界中のユーザーと対戦できるスマートチェス盤  

チェスの歴史は紀元前にまで遡るともいわれるが、テクノロジーの発展により、このボードゲームはさらなる次元へと進化を果たした。

「スクエア・オフ」はスマホアプリと連動させることで、AIや世界中のユーザーと対戦できるスマートチェス盤。オンライン上での世界最大級のチェス対局サイト「Chess.com」を通して自由に対局相手を探すことができる。

特に驚きなのが、高度なロボット工学によって対局相手の駒が自動で動くこと。駒がボード上をひとりでに移動する様はまるで魔法のようであり、実際に相手が目の前にいて対戦しているかのような臨場感を味わうことができるのだ。

場所や時間を問わず、AI・オンライン対局を楽しむことができるスマートチェス盤。対戦相手の駒がひとりでに動くのに加え、対局終了時には、動かしたチェス駒をスタート時の配置に自動的に戻す設定も可能だ。「Grand Kingdom Set」¥79,800、「Black Edition」¥89,800  https://plusstyle.jp


GOETHE'S RECOMMEND
初心者から上級者まで、自分のレベルに合わせた対局が可能。AIとの対局では相手の強さを20段階から選択することができ、幅広いユーザーレベルに合わせてチェスの練習が可能。もちろん、特定ユーザーとの対戦も楽しめる。また、第三者同士の対局をチェス盤上で再現する「ライブゲーム」機能も搭載している。


 プラススタイル
 https://plusstyle.jp  


Text=滝田勝紀 Photograph=隈田一郎