'80年代リバイバルの象徴! クリップオンのサングラス【差がつく小物①】

単品でも、そのモノ自体に存在感のある小物は、確実に気分を上げてくれるものだ。それは手にするだけで使うシーンや合わせる装い、そしてルーティーンな日常から脱却した時の日々をも想像させる。そんなイマジネーションを刺激する、差がつく11の最新小物を紹介。1回目はクリップオンのサングラス。

CLIP-ON SUNGLASSES

近年トレンドとなっている’80年代のリバイバルスタイル。その象徴とも言えるのがクリップオンサングラスである。かけ替え不要の利便性に加え、メカニカルで近未来的な存在感が個性を引き立たせる。

EYEVAN 7285
眼鏡¥33,000、クリップオンサングラス¥15,000(ともにアイヴァン7285/アイヴァン7285トウキョウ TEL:03-3409-7285)

999.9[右上]
フレキシブルな環境をフロント内部に収め、流麗なラインと包み込まれるようなかけ心地を両立させた「NPM-87」。専用クリップオンは高性能な偏光レンズを使用。眼鏡¥39,000 クリップオンサングラス¥20,000(ともにフォーナインズ TEL:03-5797-2249)

AHLEM[右下]
米国ロサンゼルス拠点のフランス人女性デザイナーによるブランド。ローズゴールドカラーが艶やかな気品を目元に添える。眼鏡¥52,000 クリップオンサングラス¥23,000(ともにアーレム/グローブスペックエージェント TEL:03-5459-8326)

OLIVER PEOPLES[
「MP-2」は1987年の創業時のモデルを現代の技術で復刻したモデル。随所の彫金模様が古き良き眼鏡を思わせる。眼鏡¥36,300 クリップオンサングラス¥10,300(ともにオリバーピープルズ/オリバーピープルズ東京ギャラリー TEL:03-5766-7426)

10 EYEVAN
美と機能にこだわった、10種の独自パーツを用いるシリーズ「10アイヴァン」。コンセプトの”美しい道具”を体現するアイウェアだ。眼鏡¥64,000 クリップオンサングラス¥28,000(ともに10アイヴァン/アイヴァンPR TEL:03-6450-5300) コート¥70,000、セーター¥34,000(ともにオーラリー TEL:03-6427-7141) Tシャツ¥22,000(ザノーネ/スローウエアジャパン TEL:03-5467-5358)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photgraph=前田  晃 <人物>、隅田一郎<静物> Styling=久保コウヘイ Hair&Make-up=MASAYUKI(The VOICE)