真のラグジュアリーとは? ロロ・ピアーナのイベント@カリブに次世代セレブが大集結!

去る2019年3月22〜24日、カリブ海に浮かぶフランス領の小島セント・バーツ島にて、ロロ・ピアーナはスペシャルイベント「セイル・イントゥ・サマー」を開催した。それは真のラグジュアリーを体現する、優雅な至福の週末だった。


世界屈指のリゾートアイランドで至福のウィークエンド

セント・バーツ島(フランス名サン・バルテルミー島)は美しいカリブ海と白浜、南欧風の街並み、そしてマリンスポーツが楽しめる世界屈指の高級リゾートアイランド。毎年開催される非営利のスーパーヨットレース「セント・バーツ・バケット・レガッタ」でも有名だ。

そんな同島のプライベートビーチ付き最高級ホテル「ル・セレーノ」を貸し切り、クリス・パイン(俳優)やデイジー・ビーヴァン(女優)、ローラ・シュナーベル(映画監督)、チャーリー・シェム(バイオリニスト)といった次世代のインフルエンサーを招いて開催された「セイル・イントゥ・サマー」。

ゲストは新鮮なカリブ海料理に舌鼓を打ち、優雅なプライベートビーチでマリンスポーツやライブミュージックを満喫。そしてロロ・ピアーナの副会長ピエール・ルイジ・ロロ・ピアーナ率いるヨットチーム「マイ・ソング」が参戦するレガッタレースも、チャーターボートから観戦した。まさに穏やかなカリブの潮風に包まれながら過ごす、エレガントでラグジュアリーな至高のウィークエンドとなった。

セレブが求めてやまない本当のラグジュアリーとは!?

1924年の創業以来、ロロ・ピアーナは「妥協なきクオリティ」という企業理念の下、世界最高峰のテキスタイルを追求。当初は友人やクライアントのために作った服を契機に既製服市場にも参入し、原料から製品までを自社一貫生産する、イタリアを代表するラグジュアリーブランドとなった。

またロロ・ピアーナファミリーは海をこよなく愛し、国際的なヨットレースをスポンサード。自社のヨットチームが過酷な船上で着るユニフォームのノウハウは、製品開発にもフィードバックされており、世界的に人気のラグジュアリースポーツという分野の開拓にも貢献した。

そんなロロ・ピアーナが体現するのは、ロロ・ピアーナファミリーや友人たち、そして世界中のセレブリティのライフスタイルに合致した、真のラグジュアリーウェアである。

最高峰の素材を吟味し、イタリアが誇る伝統の職人技と最先端のテクノロジーを駆使。日常はもちろん、雪山に繰り出すウインターリゾートからプライベートボートに揺られるサマーバケーションまで、どんなシチュエーションや気候でも抜群の快適さを約束する。そう、その優雅で洗練された世界観は、まさしくセント・バーツ島でゲストたちが過ごした時間そのものなのだ。

控えめでエレガントであり、これまで味わったことのない最高の着心地によって、身も心もリラックスできる。そして明日の活力をも与えてくれる。この夏はロロ・ピアーナで、本当のラグジュアリーを体験してみたい。

Text=竹石安宏