カラードスーツをオンとオフで賢く着こなす【テーラードの復権】

ストリートウェアの隆盛から揺り戻すように、改めてテーラードウェアが脚光を浴びている。だが、そこにかつてのような堅苦しさはない。ドレッシーでありながら現代的な軽快さや自由さを纏う、2019年春夏に着るべき最新テーラードを俯瞰する。


スーツにとどまらない「カラード」

ドレスコードの緩和や休日に着るスーツが増えたことで、これまでにないカラーのスーツが多くのブランドから提案されている。そうしたカラードスーツはオン・オフ双方で活躍するだけでなく、ジャケット単品でも着こなしやすい。明るい季節感の演出にも最適ゆえ、この春夏ワードローブに加える価値十分である。

ERNESTO
なめらかなビスコースリネン素材が、美しくリラックスしたドレープを演出。テラコッタ色が春夏の日差しに映える。

スーツ¥193,000(エルネスト/エル・アイ・エスTEL:03·5728·7462)


HICKEY FREEMAN
通気性抜群のモヘア混ポーラ素材は、メランジ調ネイビーで見た目にも涼しげ。最高峰のプレステージ仕立てだ。

スーツ¥340,000(ヒッキー・フリーマン/トレンザTEL:072·856·9871)


PAIDEIA
男の色気を醸すボルドーはぜひトライしたいカラー。清涼感のあるコットンリネン製で、艶やかな光沢。

スーツ¥238,000(パイデア/バインド ピーアールTEL:03·6416·0441)


ISAIA
シックなモスグリーンのチェック生地はウールシルクリネン。羽織るように軽やか。

スーツ¥519,000~[オーダー予定価格](イザイア/イザイアナポリ 東京ミッドタウンTEL:03·6447·0624)


LUIGI BORRELLI
明るいアズーロカラーは春夏らしい爽やかな開放感満点。1 枚仕立てでシャツ感覚の軽快さだ。

スーツ¥178,000(ルイジ ボレッリ/バインド ピーアールTEL:03·6416·0441)


CARUSO
落ち着きと男らしさを兼ね備えるオリーブグリーンは、近年注目のスーツカラー。芯地類を極力排した仕立てにより、驚くほどの軽さを堪能できる。

ジャケット¥95,000、パンツ¥38,000(ともにカルーゾ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店TEL:03·5772·5501)


AURALEE
季節感溢れるグリーンがかったベージュがエレガント。ゆったりとしつつも上品なシルエットが魅力。

ジャケット¥60,000、パンツ¥38,000(ともにオーラリーTEL:03·6427·7141)


BARENA
ブラウン×オレンジのジャカード織りコットンナイロンが、リゾート風のリラックス感を演出。

ジャケット¥74,100、パンツ¥39,400(ともにバレナ/エリオポールメンズ銀座TEL:03·3563·0455)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ)  Photograph=隅田一郎  Styling=久保コウヘイ