大人の好奇心を刺激するBRPの三輪車

BRPから男ゴコロをくすぐられるバイクが登場。水冷3気筒エンジンを搭載し、ギアチェンジ不要なオートマチックにリバース機能も装備する。普通自動車AT限定免許でもライディングが可能だ.


近未来へと駆ける三輪車

物心がついてから初めて好奇心が芽生えたのは、もしかしたら三輪車からかもしれない。自分の興味が湧く先へ、より速く、より遠くまで行くことができる。

工具を使うことなく、フットペグやハンドルバーの位置が調整でき、自分に合ったライディングポジションにすることができる。

やがて成長していくにつれ、それは自転車となり、バイクとなり、クルマとなった。だがどんなに年を重ね、乗り物が替わっても、自らの意思で自由にどこ
にでも行きたくなる好奇心のあり方は、原点の三輪車から変わることはない。BRPを見て心ときめくのは、そんな思いもあるからだろう。

BRPは、雪上車にはじまり、スノーモービル、水上バイク、ATVといったレジャービークルを手がけてきた。前二輪のアグレッシブなスタイルに、低重心ならではのダイナミックな走りが楽しめる。

周囲の好奇心をかき立て、乗る者の好奇心もさらに刺激するのだ。

H1062×W1509×D2352mm。バイク「CAN-AM RYKER900」¥1,480,556(BRP/BRP ジャパンTEL:03·6718·4701)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ