【特集・勝負服】服ほどにモノを言うビジネスパーソンの靴と鞄<ブラック編>

腕時計と同じように”格”が表れやすく、身体の先端に位置するゆえ目にも留まる。そんな靴と鞄はビズスタイルの要であり、勝負を決するポイントだ。 装いを引き締め、控えめなエレガンスを醸すブラックの靴と鞄は、クラシックな逸品を吟味し、ストイックさを際立たせたい。

FUJITAKA GALLERY & JOHN LOBB

クラシックなワンハンドルフラップブリーフは、美しく丈夫なドイツの名門ワインハイム社の最高級カーフレザーを使用。ジョンロブの「ストーウェイ」はクラシカルな趣のラストを使用したウィングチップシューズであり、どんなスーツにもエレガントな気品を添えてくれる。黒革が引き立たせる控えめさと紳士の気品が漂う1足だ。

バッグ[H26×W39×D8cm]¥190,000(フジタカ ギャラリー/イケテイヴィラTEL:03・3861・6276) 靴¥230,000(ジョンロブ/ジョン ロブ ジャパンTEL:03・6267・6010) スーツ¥150,000(リングヂャケット/リングヂャケットマイスター206 青山店TEL:03・6418・7855)


FURLA

大戦時の軍用バイクとパーツから着想を得たブリーフケース。高級感のあるスムースカーフとシボ革のコンビが特徴で、男らしくもスマートな雰囲気。ビジネススタイルに精悍な男らしさをプラスしてくれる。

[H29×W41×D18cm]¥92,000(フルラ/フルラ ジャパンTEL:0120・951・673)


BALLY

クラフトマンシップを体現するスクリーブラインの「スキャンラン」。ウィングチップながらシンプルなメダリオンを配し、ストイックなエレガンスが際立つ仕上がり。

¥110,000(バリー/バリー 銀座店TEL:03・6264・5471)


SALVATORE FERRAGAMO

レザートートは、縁とハンドル部の極小スタッズに都会的な男らしさが薫る。着脱ショルダーストラップつき。さり気なくも差がつく絶妙なモードのさじ加減。

[H39×W35×D12cm]¥190,000(サルヴァトーレ フェラガモ/フェラガモ・ジャパンTEL:0120・202・170)


DIOR HOMME

一枚革のホールカットをベースにステッチとテープ状の装飾のみでウィングチップを表現。ミニマルでストイックな表情がオン・オフ双方で活躍する。

¥99,000(ディオール オム/クリスチャン ディオールTEL:0120・02・1947)


ETRO

シグネチャーライン「アルニカ」をネイビー基調でアレンジした新作「アルニカアズーラ」のブリーフケース。上品で控えめな艶感が魅力だ。

[H31×W37×D8cm]¥159,000(エトロ/エトロ ジャパンTEL:03・3406・2655)


J.M.WESTON

厚みのあるトリプルソールを採用したウィングチップ「590」は伝統の1 足。頑健なだけでなく、古びない佇まいで長年愛用できるはずだ。ブランドの哲学が宿る質実剛健な仕事靴。

¥188,000(ジェイエムウエストン/ジェイエムウエストン 青山店TEL:03・6805・1691)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ