【京都】前園真聖が舞妓さんとお茶屋遊びを初体験

「京都にはなかなか来る機会がなかった」という元サッカー日本代表の前園真聖さん。東寺を参拝し、京都最古の花街・上七軒へ。古都との邂逅を雅に楽しみ寛いだ。


雅な京遊びを体験

四国で放映されたテレビ番組『自転車へんろ旅』で、1年をかけて「四国八十八カ所」を巡礼した前園さん。弘法大師・空海ゆかりの寺院を訪ねてまわる旅は楽しく、心に残る出合いや、感じることもたくさんあったという。

そんな実りある旅の最後の地として、どうしても訪ねたかったのが、京都の東寺だった。「四国遍路を無事に終えたことをご報告したかったんです。お礼参りをして、やっと僕の旅が終わったという感じですね」と振り返る。納経所で御朱印をいただき参拝。1200年以上の時を経た建物や仏像を鑑賞でき、心癒やされたと話す。

真言宗の総本山「東寺」にて。

「京都は久しぶりですが、改めて綺麗な街だなあと思いました。どこか懐かしかったり、歴史の偉大さに驚いたり。ただただ歩いているだけでも気持ちがいい」と、静かな時間を満喫する。

そんな前園さんが、普段はできない経験もしたいと選んだのは、花街上七軒でのお茶屋遊び。京都の知人に薦められたそうだ。京都に五つある花街のなかでも最古の歴史を誇る上七軒は、美しい石畳の街並みでも知られる街。他の花街もそうだが、お茶屋は一見では訪れることができず、そこにまたプレミアム感がある。

「男の嗜みとして、そろそろお茶屋遊びも、と思う年になりました」と前園さん。

上七軒の舞妓・市彩さん。

美しく清められたお座敷に案内され、ほどなく、煌びやかな衣装に身を包んだ市彩さんが登場。「おたのもうします」とはんなりとしたあいさつの後、食事や飲み物を薦めてくれる。接待の合間には、舞の披露もあり、日常を忘れ、雅な世界に引き込まれていく。

前園さんも舞妓の市彩さんに導かれてお座敷遊びを体験。屛風を間にし、虎や和藤内(軍人)、藤内の老母に扮して勝負する「とらとら」に興じる。「とらとら」では好勝負だった前園さんも、反射神経を要する「金毘羅舟舟」ではなぜか市彩さんに勝てない。

「自信あったんだけどなあ。悔しい!」と再挑戦。粋な花街文化を心から楽しんだ。

「お寺に花街、美味しい料理、四季を感じられる自然美。日本の人はもちろん、世界中の人が京都に来たいと言うのが、よくわかりました。僕もまた時間をつくって京都の旅をしたいですね」

上七軒 文楽
住所:京都市上京区今出川通七本松西入真盛町743
TEL:075-465-3456 
営業時間:17:30~22:00
休み:日曜・祝日 
http://www.bun-raku.jp/


Masakiyo Maezono
1973年鹿児島県生まれ。元サッカー日本代表。2005年現役引退。現在はサッカー解説やメディア出演のほか、「ZONOサッカースクール」を主催し、子供たちへのサッカーの普及活動などで活躍。


Text=中井シノブ Photoghraph=伊藤 真