古閑美保の常時100切りレッスン ~ウェッジ編⑤ グリーン周りの距離感~

今回のテーマはウェッジショット。100ヤード以内の微妙な距離感の打ち分け法からグリーン周りのアプローチまで、ウェッジに関する基本となるスキルを6回に渡り古閑美保プロが伝授してくれる。賞金女王にまで輝いたそのテクニックは驚くほどシンプル。我々アマチュアにも真似できるウェッジテクニックをマスターしよう!


アプローチは右手で球を投げる感覚!

私の場合は、アプローチは右手で打っているんです。ちなみに、小平(智)プロは左手1本。アプローチは、自分的に一番繊細な手を使ったほうがいいと思いますね。

クラブは、手の延長で身体の一部だと考えてください。クラブと自分が別だと思うとダメ。クラブを振ろうとすると、ボールに当てにいこうとしたりしてしまう。そうではなく、手で打っている感じでいいんです。だから私はアプローチの練習の時に3球ほどボールを投げて、距離感の感覚を掴むようにしているんです。

左足体重にして、ハンドファーストに構えるのが基本の構え。ただし、そこから手がどんどん手が前に出てしまうとヘッドが地面に刺さりやすくなるので、ハンドファーストにし過ぎないことも大切です。私はこのアプローチの中でもフルショットをする感覚です。絶対に手が緩まないから、ミスをしません。


OK! アプローチの正しい構え

左足体重にして、ハンドファースト。


NG! アプローチの間違った構え

ハンドファースト過ぎると、クラブが地面に刺さり、ミスが生まれる。


コガミホ流のアプローチイメージ①

私は、右手とクラブを一体化させてスイングするイメージを持っています。手で打つ感覚だから、ボールを投げる感覚のまま、距離感も合わせやすくなる。


コガミホ流のアプローチイメージ②

実際にボールを投げることで距離感をつかむことができる。さらに左に飛んだり、右に飛んだりする、方向感覚も右手の感覚を調整することでできる。この感覚で振ると、クラブと身体が一体化でき、距離も方向性もうまくいく。

前回に続く                        次回に続く

                             

Direction&Text/出島正登 Photograph/今井 暖 Cooperation/ザ・カントリークラブジャパン


【古閑美保から直接レッスンを受けたい人は⇩】


ウェッジ編④ グリーン周りのアプローチ


ウェッジ編③ コントロールはするな!


ウェッジ編② "ゆるく"じゃなく"ゆっくり"が正解


ウェッジ編① 100ヤード以内の打ち分け方