未来の家電! 最先端自動窓拭きロボット「HOBOT」

窓拭きロボット「HOBOT」は、吸引モーターで窓ガラスに密着し、塵を吸い上げつつ、微粒子化した蒸気を噴射しながら回転式パッドで拭いていく。窓ガラス以外に風呂場の壁にも。リモコンほか、スマホでも操作可能な最先端ロボだ。

気になる汚れに手が届く!

紅白歌合戦に"出演"したAI美空ひばりが論争を呼んだ。人工知能を駆使した技術革新は、故人や芸術への冒瀆か。それはディープフェイクや宗教的操作、シンギュラリティへの不安にもつながっているようだ。だがこうした源流は、すでに'60年代のSF小説でも登場している。アイザック・アシモフが提唱したロボット工学三原則だ。

科学の暴走を防ぐ原則は、隷属する関係を逸脱しない鉄則でもある。そしてそれは、未来の技術との向き合い方だけでなく、なくならない人間同士の差別や格差についても示唆している。

この自動窓拭きクリーナーも身近なロボットのひとつ。健気に働く様子は、まるで意思を持っているかのようだ。美しく磨き上げた窓ガラスのように、他者に対する瞳の曇りも晴らしてくれるかもしれない。

窓拭きロボット「HOBOT」 ¥44,820

問い合わせ
モトヤ TEL:050-5360-8661  


Direction=島田 明 Text=柴田 充 Photograph=隈田一郎 Styling=久保コウヘイ