【靴と鞄】ネイビースタイルに合わせたいボディバッグと白スニーカー

アクティブに過ごしたい休日。軽快に肩がけできるボディバッグは、必需品の持ち歩きに最適だ。足元も快適なスニーカーにしたいが、スポーティになりすぎないよう上品な白ベースの1足を吟味。さらに装いをネイビーで統一すれば、都会的で洗練された大人の休日スタイルが完成する。


HERMÈS

端正ななかに光る洗練された美しさ
形崩れしにくく傷も目立ちにくい、スモールグレインカーフを用いた「シティバック」シリーズのボディバッグ。開口部などが見えないミニマルなデザインで、革の表情が際立ち、スポーティになりすぎない。伸縮性を備えるテクニカル素材と上質レザーのスニーカー「ヴィテス」は、ボリューム感がありつつもシンプルかつ上品で大人らしい。ヒールサイドやソールに凝らされたイニシャルのHがさり気なくブランドを主張する。  


バッグ[H17.3×W32×D6cm]¥600,000、スニーカー ¥127,000(すべてエルメス/エルメスジャポン TEL:03-3569-3300)


FENDI 

大人らしく効かせたアイコン使いの妙
この秋冬にデビューを飾った新しいアイコンバッグ「バゲット フォー メン」。クロスボディ、ハンドバッグ、ベルトバッグと多彩な持ち方が可能なオールマイティな逸品だ。さらにFFロゴ柄のテクニカル素材を使用しており、非常に軽量でスポーティな雰囲気。スムースなホワイトレザー製のスニーカーは、フロントから見るといたってシンプル。だが、ヒール部分にのみFFロゴ柄のジャカードファブリックの切り替えで、ラグジュアリーな後ろ姿を演出する。  

バッグ[H18×W28×D7cm]¥254,000、スニーカー¥87,000、(すべてフェンディ/フェンディ ジャパン TEL:03-3514-6187)


BERLUTI 

真の独創性がスタイルを進化させる
シンプルなボディバッグ「コンプリース ベルトバッグ」の素材は、ベルルッティの靴職人が手作業の彩色 “パティーヌ” を行う際に用いる、古い大理石のテーブルから着想したマーブルプリントのナイロン。マルチカラーとブラックレザーのコントラストが新鮮だ。レザースニーカー「ステラー」は、独創的なダイヤモンドカットの多面フォルムが特徴。ミニマルながら大胆かつシャープな力強さを足元に添える。  

バッグ[H13×W23×D8cm]¥216,000、スニーカー ¥129,000(すべてベルルッティ/ベルルッティ・インフォメーション・デスク TEL:0120-203-718)


DIOR 

モードの名門たる無二の創造性を堪能
メゾンのアイコニックな「サドル」バッグをメンズ向けにアレンジしたモデルが登場。その名のとおり馬鞍から着想したフォルムと L 字状に取りつけられたロゴ入りストラップにより、抜群のフィット感を味わえる。ローラーコースターのシートベルトにヒントを得たバックルも男らしいアクセントに。透け感のある「ディオール オブリーク」柄のテクニカルファブリックを用いた、モダンなハイカットスニーカーがベストマッチだ。  

バッグ[H20×W28.6×D5cm]¥300,000、スニーカー ¥120,000、(すべてディオール/クリスチャン ディオール TEL:0120-02-1947)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=前田 晃〈人物〉、隈田一郎〈静物〉 Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI(The VOICE)


【関連記事】
 
 グレンチェックスーツに合わせたいブリーフケースとモンクストラップ  

ニットジャケットに合わせたいトロリーケースとソフトローファー  

ツイードジャケットに合わせたいクラッチバッグとスリッポン