【最旬コート】週末、キャメルのダッフルコートに合わせるのは?

オンタイムと同様、オフにおいてもダッフルは大人らしさを意識すべき。その点、エレガントなキャメルカラーなら申し分ない。コーディネイトも発色のいいカラーは用いずグレーに絞り、落ち着きのあるスタイルにまとめたい。


OLD ENGLAND

パリジャンが愛したダッフルを現代的な着心地で堪能する
パリに英国スタイルを根づかせた老舗のダッフルは、1940年代に大流行した名品。日本に1台のみの織機で織った独自素材トリプルパイルにより、往年の風格を柔軟かつ軽やかに愉しめる

コート ¥160,000(オールド イングランド/三喜商事 TEL:03-6450-4647)ジャケット ¥41,000(バグッタ/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター TEL:0120-137-007)セーター ¥18,000(ブルックス ブラザーズ/ブルックス ブラザーズ ジャパン TEL:0120-185-718)パンツ ¥29,000(ホワイト サンド/ビームス 六本木ヒルズ TEL:03-5775-1623)


LENO

オリジナルの味わいを快適かつエレガントに満喫
カシミア混の柔軟な生地を用い、1940年代の英国海軍用ダッフルを現代的にアップデイト。木製トグルなど、本格ディテールが味わい深い

コート ¥87,000(リノ/グッドスタンディング TEL:03-6447-2478)ジャケット ¥310,000(スティレ ラティーノ)、パンツ ¥35,000(ジャブス アルキヴィオ/ともに伊勢丹新宿店 TEL:03-3352-1111)セーター ¥27,000(フィリッポ デ ローレンティス/トヨダトレーディング プレスルーム TEL:03-5350-5567)マフラー ¥36,000(ジョシュア エリス/ヴァルカナイズ・ロンドン TEL:03-5464-5255)


INVERTERE

モダンかつ軽やかに着こなせる英国クラシックの名品
定番の袖のみ細くし、モダンに着こなせるエクスクルーシブモデル。英国の名門ジョシュア エリス製生地でやわらかな着心地だ。

コート ¥158,000(インバーティア)、パンツ ¥30,000(ジャブス アルキヴィオ/ともにビームス 六本木ヒルズ TEL:03-5775-1623)カーディガン ¥34,000、セーター ¥31,000(ともにジョン スメドレー/リーミルズ エージェンシー TEL:03-5784-1238)スニーカー ¥59,000(サントーニ/リエート TEL:03-5413-5333)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=前田 晃〈人物〉、隈田一郎〈静物〉Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI(The VOICE)



【関連記事】
ビジネスには濃色ダッフルにチェック柄のジャケットを合わせる

ビッグシルエットのトレンチコートは正統派のオリーブグリーンを選ぶ!

スリムトレンチにはストライプ柄の3ピースで強調!