この夏「星野リゾート トマム」の雲海を攻略する4つの秘訣とは?

滝のように流れる北海道にある星野リゾート トマムの雲海をひと目見ようと、国内外から観光客が訪れている。今、星野リゾートらしく、来る人を楽しませる秘策がどんどん誕生しているのだ。知らなきゃ損する! 進化する雲海の楽しみ方をお伝えする。


まるで雲の上のような天空のリビング

「星野リゾート リゾナーレトマム」の客室には展望ジェットバスが備わる。雲スイートルームでは、雲型のバスボムが用意され、ふわっふわの雲のような泡のお風呂を楽しめる。

人生で一度は拝みたい、北海道・トマムの雲海。世界で唯一、“雲海づくし”のコースを体験できると話題の北海道最大級のリゾートホテル「星野リゾート リゾナーレトマム」を訪ねた。

新千歳空港からバスで約90分。広大な敷地に4棟の高層ホテルがシンボリックに立ち並ぶ。2棟は「星野リゾート リゾナーレトマム」で、もう2棟は「星野リゾート トマム ザ・タワー」だ。ゲーテ読者には、より落ち着いた大人向けの滞在ができる前者をお薦めしたい。32階建ての1フロアには4部屋しかなくプライベート感を保てるうえ、約100㎡の広々とした客室はまさに天空のリビング。

なかでも、雲海づくしの体験を味わうなら、全200室中1室のみのスペシャルルーム「雲スイートルーム」を予約すべき。部屋番号のルームキーのプレートから始まり、ベッド、クッション、ルームウエア(雲ガールステイプラン利用者限定)、そしてコーヒーカップやオブジェにいたるすべてが、ふわっふわの雲をイメージ。極めつけは、雲泡バスボム! ジャクソンの大きなジェットバスに入れると、モクモクと泡がふくれあがって、泡でてんこ盛りなバスタブに! ラブリーな部屋の内装に恥ずかしがることなかれ。連れの女性のテンションはアップすること間違いなし。旅は非日常だからこそ、楽しんだ者勝ちなのだ。

ここまでこだわる!? 雰囲気にとことん浸れる雲の世界の食事

メイン料理「雲海の広がり」は、牛肉にサクラチップの瞬間スモークをかけることで旨味を引きだす。「雲海広がる朝露の前菜」ではトマムの自然を表現するため、ドライアイスを効果的に使い、彩り豊かな野菜をひと皿に。

ここまで来たら、どこまでも雲海の雰囲気を味わい尽くしたい! そんなこだわり屋さんにお薦めなのが、その名も「雲ガールステイ」。プラン名に「ガール」と入るからといって尻込みしてはいけない。「ガール」を楽しませるのが、男の本筋。何と言っても、「雲ディナー」のクオリティが高いのだ。夜明けから雲海が発生し、消えてゆくまでの様子を表現したコースをプライベートダイニングで味わえる。雲にまつわる演出はどれも見て楽しく、夏のトマムの美味が凝縮されていて、まさに舌鼓。

そして、リゾートを一望できる31階のレストランで、「雲あさごはん」を。寝て起きてもまだまだ終わらない雲海ワールド! 雲海おかゆ、米卵を使った白い出し巻き卵、ふっくらとした身の魚「ネボッケ」はどれも胃に優しく、食感もふわふわ。 旅の終わりには、身も心もトゲが取れてふわふわ、優しい人間になれてしまのではないかと思うほど。

雲海の展望スポットは9月が狙い目

そして、目玉は、国内外から注目を浴びている星野リゾートが誇る雲海テラス「Cloud9(クラウドナイン)計画」。トマム山の標高1,088mに位置する、北海道随一の絶景スポットだ。

現在「港デッキ」「Cloud Walk(クラウドウォーク)」「Cloud Pool(クラウドプール)」などさまざまな展望スポットができたが、今秋、さらに「Cloud Bed(クラウドベッド)」と「Cloud Bar(クラウドバー)」が誕生する予定だという。たとえ雲海が見られずとも、絶景を色々な角度で楽しめる仕掛けに次ぐ、仕掛けが心憎い。

大雪山連峰から日高方面までの壮大な景色が広がる「Cloud Pool(クラウドプール)」。 雲の形をしたデッキにロープが張られ、浮遊感を味わえる。

そもそも、トマムで発生する雲海には大きく分けて3種類あるのをご存知だろうか? ダイナミックな雲の動きがトマムならではの「太平洋産雲海」、雲の上に突き出るホテルが印象的な「トマム産雲海」、天候が悪い日こそ見られる「悪天候型雲海」がある。

雲海を見られる時期は5月から10月ぐらいで、雲海の発生率は40%程度だが、上記の通り、ある条件が整わなかった場合でも、他の条件が整えば、雲海を見られることもあるということ。そして「星野リゾート リゾナーレトマム」は標高が高いため「トマム産雲海」を客室から見られることだってあるのだとか。星野リゾート トマムの公式ホームページの「雲海予報」をチェックして、チャンスを逃さないようにしたい。

雲スイートルーム、雲ディナー、雲あさごはん、そして雲海テラス「Cloud9」という4つのポイントさえおさえれば、これ以上ないほどの雲海ステイが待っている。あとは、雲海が発生するのを待つばかり。いでよ! 雲海!!


星野リゾート トマム/星野リゾート リゾナーレトマム
TEL:0167-58-1111(星野リゾート トマム代表電話】
住所:北海道勇払郡占冠村字中トマム(新千歳空港よりクルマで約100分、JRで約90分)
料金:「ザ・タワー」(535室)¥8,800〜、
「リゾナーレ トマム」(200室)¥18,200~ 
※1泊朝食つき2名1室利用時1名あたり、税金・サービス料込み
www.snowtomamu.jp


Text=谷内田美香(ゲーテWEB編集部)