コスパ最強のブランド「COS」を知っているか?【MB厳選】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。彼にビジネスパーソンのための、いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。 

ハイクオリティをハイコストパフォーマンスで提供できる理由とは?

「COS」をご存知でしょうか。

ファストファッション世界第2位の規模を誇るH&Mが運営するブランド。

すでに世界各国で数百店舗展開されているグローバルなブランドに成長していますが、日本進出はイマイチ遅く、まだ東京と横浜の数店舗に止まっています。しかしながら先日オンラインストアの日本展開がスタートし、ようやく買いやすくなりました。

実は、個人的に、ユニクロ並みに「COS」はおすすめ!

何よりコスパが良い!

洋服は工業製品と同じで作る量が増えれば増えるほど単価が下がる傾向があります。ユニクロがどうしてスーピマコットンやカシミヤやカイハラデニムなどの高品質アイテムをあの価格で提供できるのか? それは圧倒的な生産量が大きな要因です。たくさん作るからこそ単価を下げられる……とてもシンプルな経済原理のもと成り立っているワケですね。その意味でCOSは世界第2位の規模を誇るH&Mの生産背景を活用してモノ作りを行っているわけで、高いクオリティを高コスパで実現できるというワケ。

素材感やデザインはまさにハイブランドさながらですが、値段はセレクトショップのオリジナル品くらい。Tシャツで2,500~5,000円、パンツ類1~1万5000円、アウターでも2~3万円程度と、モノの割にはかなり値段が安い。体感ですが市場価格の半額くらいで出しているイメージ、下手なブランドを買うよりCOSがずっとずっとおすすめです。

T-SHRTS with LARGE PRINT ¥5,900  

またクオリティが高いだけじゃなく、COSはデザインも少し尖っているのが特徴。クオリティが高く値段が安いのならユニクロと同じ。COSが面白いのはユニクロのようなスタンダードデザインでなく、やや攻めているところにあります。

大胆なプリントデザインや、切り替えパターン、ビッグシルエットなど今のハイブランドやメゾンのトレンドをしっかりと意識したものが多く、「ラグジュアリーブランド」的な個性ある提案をしているのが特徴。「ユニクロは良いけれどちょっと地味すぎる……」誰もが感じるユニクロの不満点をCOSでちょうどよく補完できるかと思います。しかも値段は安く、素材感はユニクロ以上!

ROUND NECK T-SHIRT ¥2,500  

もちろんシンプルなカットソーもあります。

2,500円とユニクロ並みの価格ですが、ツヤ感はユニクロ以上。ボーダーの柄使いはヨーロッパのブランド品を思わせる微細な中間色の組み合わせになっており一枚で着ても地味にならない。

WIDE-LEG WOOL TROUSERS ¥15,000  

ユニクロがあまりやらないワイドスラックスなどもCOSは積極的に展開しています。ツルッとしたウール100%の極上素材と、太めのワイドシルエットはまさに今のトレンドにぴったり。

スラッと美しく足長に見えるシルエットはウエスト周りをタイトに、裾を少しだけ広げている特殊な形。デザイナーズブランド並みにこだわりのある形を低価格で楽しむことができます。

まだまだ日本での店舗展開は少なめですが、まずはオンラインストアをぜひチェックしてみてください。ユニクロの「ちょっと物足りなさ」を補完してくれて、かつブランド品の「トレンド感」を低価格で実現してくれますよ。おすすめです。

MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。