今年流行のツイードは「オッサンくささ」をいかに消すかがポイント!【MB】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。ビジネスパーソンにとって好印象を持たれることは非常に重要。そこでMBにビジネスに効く、 いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。


今年オススメの「ツイード」の着こなし方、選び方を伝授

スコットランドで生まれたツイードは生地を織る前に糸を複数の色に染色したもの、立体的で複雑な表情を出すのが特徴です。無地黒、無地グレーとも言い難い独特の風合いと凹凸があります。

「ノームコア(無地で普通の服をシンプルに着こなす流行)」が落ち着き、ファッショントレンドが、徐々にプリントや刺繍や柄や色など装飾を好む方向へと移行していく中で、ツイードは今年大きく注目されている素材です。

URBAN RESEARCH ROSSO ハリスツイードジャケット¥41,800、ハリスツイードベスト¥22,000

ツイードの独特な風合いはシンプルに着こなしても地味になりません。コンサバなコーディネート...例えばジャケットにニットに細いスラックスなどで合わせてもきちんとオシャレ感が出るのがポイント。独特の凹凸や立体感により無地でも無地に見えないからですね。「地味な服装は嫌だけど、派手な着こなしもできない」そんな人にはツイードがオススメです。

ただしツイードは「表情がある」というメリットがある反面、「オッサンくさい」というデメリットもあります。UKメイドの歴史ある素材だけにどこかクラシカルな印象があり、老いた様に感じてしまうのが難点。くすんだ色合いの素材が多いのもオッサンくささに拍車をかけています。

ツイード攻略のポイントは実にこの「オッサンくささ」をいかにして抑えるかが肝となります。

攻略方法の一つは色物を挿してあげることです。

なるべく明るめの色をどこかに一点入れてあげると良いでしょう。例えば画像のように少し明るめの赤色などが効果的です。これは色彩の印象から来ている話、くすんだ暗い色は老いた印象を与え、澄んだ明るい色は若い印象を与えてくれます。スーツのコーディネートでもくすんだグレースーツなどには明るめのネクタイを使ったりしますが、理屈はそれと同じこと。老いた印象の色を使った場合は、どこか一点に若さを感じる色を挿して印象を調節するのがファッションコーディネートのセオリーです。

例えばツイードの老いた印象を消すならこんなふうに少しだけ明るめのストールやマフラーを一点プラスして印象を調整してみましょう。ストールやマフラーは高いものである必要はありません。こちらもユニクロのカシミアマフラー、大して高くはありません。

また攻略方法のもう一つはデニムなどを挿してあげることです。

なぜデニムがツイードに合うか? まず1つはデニムが「活動的」「若い」イメージを持っているからです。ツイードなどはフォーマルでクラシカル、スーツライクな印象がありますが……デニムは若く活動的、日常着としてのイメージがあります。こうした反するイメージの素材を持ってくることで偏った印象を調整するのがおすすめです。実際スーツの世界でもツイードスーツには明るめのデニムシャツやシャンブレーシャツなどを合わせるのがセオリーです。これはツイードのくすんだ老いた印象を調整するためですね。

またデニムとツイードが合うもう一つの理由が風合いです。デニムはタテ糸とヨコ糸で異なる色を使っており表情が立体的で複雑になっています。これはツイードの風合いとよく似ているのですね。色味はデニムはインディゴ染めをしているので明るめのブルーになっていますが、素材の立体的な風合いはツイードとよく似ているため馴染みやすいのです。

異なるイメージの素材を組み合わせると違和感を覚えることもありますが、デニムとツイードは風合いが似ているためマッチしやすい。イメージを分散できるのに風合いが馴染むという稀有な組み合わせであり、だからこそ昔からこの2素材はセットで組み合わされることが多いのです(実際スーツ屋さんではこの2素材をよく組み合わせてディスプレーされています)。

さて、ではツイードはどんなものがおすすめか。ツイードは手間のかかる素材なため、お値段が少々張ります。海外製の本気のツイード素材ならジャケットで10万を超えるものもあるくらい、通常のウールよりも1段階高いものです。そんな中、比較的落ち着いた値段設定にしているのが「URBAN RESEARCH ROSSO 」のシリーズ。実はこのブランド毎年毎年ツイードのシリーズを展開しており実績があります。なるべく安く作れるように生産背景を整えており、また安いながら使っているのは正式なツイードである「ハリスツイード」。ハリスツイードは偽物も横行していますが、こちらは正式な英国ハリスツイード協会に認められたもの。風合いもクラシカルで重厚、雰囲気は抜群に良いです。

GU ツイードライクジャケットCL+X ¥4,990、ツイードライクテーパードトラウザーCL ¥2,490

思い切り節約したい人は実は今年はGUでもツイード風のスーツが出ています。ただしこちらあくまで「ツイード風」。本物のツイードではありませんが、風合いは似せているのでまあそれっぽくは見えます。案外風合いも綺麗で肉感があり上下で7000円程度には到底見えないはずです。ツイードを使ってみたいけど今月はお金がない……そんな人はこれで我慢するのも手です。

以上、今年おすすめのツイードについてでした。肝心要は「いかにオッサンくささをなくすか」です。組み合わせに注意してクラシカルな雰囲気のツイードを楽しみましょう。

MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。



MBのファッション記事をまとめて読むにはこちらをクリック!

素材がポイント! 秋冬トレンドのチェック柄で失敗しない方法

「ユニクロは嫌」「高級品も違う…」 日常使いに最適なビジネスウェアとは?