【プライベートジェット】一生に一度乗ってみたい! 夢のPJ6選

プライベートジェット(PJ)は、利便性・プライバシー・ 生産性・快適さを兼ね備えた最強の移動手段。世界の富裕層に人気の最強モデル6機をご紹介。


Airbus ACJ319neo 

約93億円~(エアバス TEL:+33-5-62-11-04-17)

エアバスの静かさは機内会議に最適!
旅客機として運航しているA319をベースとした機体。広い機内にはラウンジエリア、ベッドルーム、バスルームを備え、まさに空飛ぶホテルだ。ACJシリーズはニーズに合わせて、さまざまなバリエーションを展開し、すでに世界中で190機以上が飛んでいる。ワイドボディ機が就航している大都市間移動だけではなく、大都市から遠く離れた中規模な都市も運航可能。

座席数:~8席
最大航続距離:12,500km、
最大巡航速度:約1004km/h


Gulfstream G700

約82億円(ガルフストリーム社日本正規販売代理店 丸紅エアロスペース TEL:03-5157-7503)©丸紅エアロスペース

比類なきPJの雄
10月に発表されたばかりの最新機。2020年にテストフライトを開始し、’22年に市場投入される予定だ。プライベートジェットのなかでも最も広い客室を有し長時間のフライトでも快適に過ごせる。旅客機にはない大きな楕円形の窓が特長で、そこからの眺めはいつものフライトを楽しませてくれる。

座席数:~19席
最大航続距離:13,890km、
最大巡航速度:約1,102km/h


Bombardier Global 6000

約62億円~(双日 TEL:03-6871-2508)

旅客機メーカーがつくる本格的ビジネスジェット
日本のエアラインでも活躍している、CRJシリーズ・Dash8シリーズのメーカーであるボンバルディア社。そのフラッグシップモデルとして人気の長距離型の機体だ。東京からアメリカ西海岸やヨーロッパ主要都市までノンストップで飛行可能。機内環境も充実で、客室は3区画ありダイニングスペースやソファーベッドを装備し、長時間のフライトでも快適に過ごすことができる。

座席数:~13席
最大航続距離:11,112km
最大巡航速度:約1,089km/h


Dassault Falcon 8X

約67億円~(三井物産エアロスペース TEL:03-4586-1883)

3発エンジンで長い洋上飛行も安心
ダッソー社は戦闘機メーカーとしても非常に有名で、高い運航性能を持つ。エンジンを3発搭載しており、長距離直行飛行でも安心できる。短距離離着陸性能に優れたファルコンシリーズは、小さな空港でも運用可能。日本国内では中型機のファルコン2000LXSがすでに運用されており、購入しやすい機体だ。

座席数:~19席
最大航続距離:11,945km
最大巡航速度:約685km/h


Cessna Citation Longitude

約30億7600万円~(テキストロン・アビエーション TEL:080-5627-2858)

安全性と居住性を向上する最新機能満載
高さが183cmと広い機内は、気圧変化も少なく、フライト後の疲労が最小限に抑えられる。飛行機の頭脳にあたる電子機器にはガーミン社の最新型「G5000」を搭載。パイロットの負担軽減となる安全運航を実現可能に。2021年には国内導入が決まっているため、日本国籍の機体購入を検討中であればお薦めの1機。

座席数:~12席
最大航続距離:6,482km
最大巡航速度:約1,028km/h


Honda Jet Elite

約7億円(ホンダジェットジャパン TEL:03-5157-7509)

空飛ぶスポーツカー
自動車メーカーとして知られるホンダの子会社、ホンダエアクラフトが開発。小型機部門において2年連続で世界最多納入を記録する人気の機体だ。特筆すべきなのは、翼の上に取りつけられたエンジン。この設計のおかげで、対面座席ながら脚が交差しない機内空間と静寂な機内環境を実現した。

座席数:4 ~ 6 席
最大航続距離:2,661km
最大巡航速度:約880km/h


Text=越島 奨


【関連記事】
オーナー上嶋史朗が語る「PJは単に時短のためのツールではない」

購入価格は? 維持費は? 手配の仕方は? PJの専門家に一問一答!

ビジネスジェットを導入した企業は必ず業績がアップするというのは本当か?