古閑美保の常時100切りレッスン ~ドライバー編③ 下半身の意識~

常にスコア100オーバーを出さない!その目標を叶えるために聞いてきました。ツアー通算12勝を誇り、2008年賞金女王に輝いた、 あの古閑美保プロに!ツアープロとしての豊富な経験に加えて、 引退したからこそ見えてきたアマチュアが上達しない原因を、 シチュエーション別に披露。 “コガミホ流”を会得し、常に100は叩かないようにしたい。


打ち終わったら歩きだしてみよう

インパクトからフォローの動きをさらによくするための練習法を教えてくれた。それが打ち終わったあとに歩きだすこと!

古閑 クラブを飛球線方向と平行に振ることは重要ですが、その形だけを作ろうとしてもダメ。一連の動きの中でそれを実践しなければ意味はありません。

編集部
 いい練習法はありますか?

古閑
 打ち終わったあとに一歩右足を踏みだして、歩きだしてみてください。結局、インパクトからフォローにかけて右足に体重が残るようなスイングではヘッドをターゲット方向に振ることはできないんです。力は飛ばす方向に加えることが重要で、結果インパクトゾーンが長くなるんです。

編集部
 インパクトゾーンは長いほうがいいんですか?

古閑
 そりゃそうですよ。フォローで腕を目いっぱい伸ばして、もう限界というところでフィニッシュ位置にクラブを持っていきます。だから身体の左サイドが流れないように我慢することは大切。身体が右に残りすぎても歩きだせないし、インパクトで身体が左に流れても歩きだすことはできません。

編集部
 左サイドをおさえるにはどこをどう意識するんですか?

古閑
 私の場合は左足の内側部分ですね。クラブはターゲット方向へ動くのに対して、足は少し我慢させるイメージです。インパクトゾーンを長くできる選手は、ボールが曲がらないし、強い選手の共通点でもあります。


【POINT.1】
インパクト後に一歩右足をターゲット方向に踏みだして歩きだすことで、身体の回転する方向を自然に体感することができる。インパクトゾーンを長くするのではなく、いい身体の動きをした上で、結果的に長くなるのが理想。するとスイング自体の反復性も高まる。


【OK】
身体の左サイドがターゲット方向に流れないように我慢しながら腕を目いっぱい伸ばす。インパクトゾーンが長くなり、ボールは曲がりにくくなる。

【NG】
身体が左に流れるとインパクトゾーン自体は長くなるが力をボールに伝えることができないので、結果的にボールが曲がる原因にもなる。


【POINT.2】
これはもうひとつの練習法です。バックスイングでしっかり右足に体重を乗せて、フィニッシュでは左足に体重を乗せきる。歩くように振ることで、自然な体重移動が身につく。スイングの中で身体が左右に流れないことを意識することが重要。


【NG】
多くのアマチュアが飛ばそうとしてなりがちな右足体重のフィニッシュの姿。コレではダメですよ!


Direction&Text/出島正登 Photograph/小林 司 Cooperation/カメリアヒルズカントリークラブ

古閑美保の常時100切りレッスン ~ドライバー編④~


古閑美保
古閑美保
1982年熊本県生まれ。プロ転向は2001年で、ツアー通算12勝を上げている。’08年には賞金女王に輝くなどツアーの中心選手として活躍していたが、’11年に突然の引退表明。現在はバラエティ番組に出演するなど、多方面で活躍している。’17年に男子プロゴルファーの小平智選手と結婚し、妻として夫を支える。今でも女子ゴルフ界の姉さん的存在。
気になる方はこちらをチェック