スポーティなテイストのパンツをはくときの鉄則とは?

カシミアのジョガーパンツやデニムのスラックスのように、既成概念にとらわれない自由な発想のパンツが数多登場し、バリエーションが広がった現在。パンツはトップスに比肩する装いの主役となった。そんな春夏の最重要アイテムであるパンツを旬のキーワード別に攻略する。


鍵となるのはスポーティとエレガンスのミックス

ここ数年でスポーティは不可欠なテイストとして浮上。その代表アイテムである リブパンツやナイロンパンツは、品よくドレッシーにはくのが鉄則となる。

BERLUTI
レーヨンウール混でなめらかな肌触りのダブルジャージー素材を用いたリブパンツ。ブランドを象徴するマテリアルである上質レザーでサイドラインが施されており、洗練されたラグジュアリースポーツスタイルを体現する。スマートな シルエットにより、カジュアルなトップスだけでなくテーラードジャケットにも好相性だ。

INCOTEX
定評の美脚ラインに高機能を融合した「アーバントラベラー」。伸縮性や撥水 性、耐シワ性を備える。

右:パンツ¥120,000、ジャケット ¥333,000、トップス¥120,000、スニーカ ー¥142,000(すべてベルルッティ/ベルルッティ・インフォメーション・デスク TEL:0120·203·718) 左:パンツ¥36,000(インコテックス/スローウエアジャパンTEL:03·5467·5358)ジャケット¥75,000(ゼロノーベゼロノーベ/カヴァレリアTEL:06· 6258·7577)シャツ¥34,000(ルイジ ボレッリ)、タイ¥16,000(ステファノビジ/ともにバインド ピーアールTEL03·6416·0441)チーフ¥1,500(麻布テーラー/麻布テーラープレスルームTEL:03·3401·5788)靴¥86,000(サントーニ/リエートTEL:03·5413·5333)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=前田 晃(モデル)、隈田一郎(静物) Styling=久保コウヘイ Hair&Make-up=MASAYUKI(The VOICE)