着こなしが一気に"高見え"するエナメル靴の選び方【ファッションアドバイザーMB】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。ビジネスパーソンにとって好印象を持たれることは非常に重要。そこでMBにビジネスに効く、 いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。


エナメルの靴

まだ手持ちにない方は是非手にとってみてください。とりわけシンプルな服装を好む方にオススメです。

「おしゃれは足元から」

なんて昔から言われておりますが、実はコレまさに理にかなった話なのです。ファッションコーディネイトにおいて最も目立つ箇所は先端です。スタイリストはこれを「3首」などと表現します、首・手首・足首の3ヵ所は各部位の先端にあたり最も目立つ部分。彼らはここの始末をいかにするかで最終的な着こなしの完成度が決まると考えています。

先端が目立つとする根拠は「視線の動き」です。立体的で面積の広い人間の体を一瞥してすぐに理解することはできません。我々は視線を動かして相手のコーディネイトを観察するわけですが、そこには目立つ箇所と目立たない箇所が当然存在します。そして目立つ箇所とはつまり「視線が止まる場所」。先端部分は見終わる場所であり視線が止まる箇所、足元や顔まわりや腕の先など上述の「3首」が実は最も目につきやすいのです。

「おしゃれは足元から」

靴屋の陰謀の様な格言ですが、実はこれ、現代のスタイリストなら誰もが意識している部分でもあるれっきとした事実。「靴なんて誰も見ねえよな」とナメちゃいけないのですね。

さてそんな重要な先端部分、実は目立つ箇所だからこそ、ここに高級素材を配置すると着こなしが一気にグレードアップされるのです。そこでおすすめが「エナメル靴」です。

「高級感」はどこから来るか、それは「ツヤや光沢」から感じ取れます。高級品や高級素材を思い出していただきたいのですが、どれも皆「ツヤ」があるものばかりでしょう。シルクも、高級スーツのウールも、レザーも、全てツヤ感に富んだものばかり。他方、チノパンのチノ素材やデニム素材、Tシャツ素材など安物はガサガサとしており、どれもツヤがありません。高級感とはツヤから与えられるものなのです。

つまり「目立つ先端部分」に「高級感あるツヤ素材」を配置すれば、安っぽい量販店の商品やスタンダードなTシャツなどでも十分ラグジュアリーな印象を与えることができるわけです。

シンプルな着こなしでも、誰もがするカジュアルな着こなしでも、足元に美しいツヤのあるエナメルがあると印象はガラリと変わります。是非試して頂きたい。

実は安価な商品でもOKなエナメルの力


そして私が愛用しているエナメルシューズは、イタリア「PREMIATA/プレミアータ」のもの。イタ靴らしい細身で鼻先の長いロングノーズデザインが、スッキリと美しい下半身を作ってくれます。こちらはそれなりに高価な品ではありますが、実はエナメルはそこまでお金をかけずとも良品が手に入ります。というのもエナメルとはつまり加工です。いろいろな種類がありますが……一般的には表面に樹脂などで加工をされたものがエナメル。1800年代に雨や汚れに強い革を開発するためエナメルの加工技術が生まれました。エナメルのことを「パテントレザー」などと呼びますが、これは当時この加工技術で特許をとったので「パテント(特許)レザー」と呼ばれているのです。

そしてエナメルは表面加工をしているものなのでぶっちゃけ元のレザーが粗悪品でもそれなりにごまかせてしまいます。レザーは良いものであるほど経年で美しいツヤが生まれるわけですが、エナメルの場合は経年での変化がほとんど見られません。そもそも水も汚れも弾く加工ですから、オイルを塗っても浸透することはほとんどなく、経年により味わいが生まれることもありません。なので大げさに言えば「良い革でも粗悪な革でも似たような風合いになる」のです。

通販サイトなどを見ると格安のエナメル靴もあり「こんな値段で本当に大丈夫かな……」などと身構えてしまいがちですが、エナメルに関しては案外安物でもアリ。もちろんフォルムや作り込みは劣る場合があります。あくまで素材だけの話ですから。

それとエナメルは確かに綺麗ですし高級感が出ますが、その分ひび割れなども起こりやすい。通常のレザーと違ってしなやかさにかけるためです。普通の革靴であれば大事に修理し続ければ、何年でも下手すれば何十年でも持ちますがエナメルはそうはいきません。なので尚更「安物でも良い」と判断すべきかもしれませんね。

シンプル志向の方こそ、手にすべきエナメル靴

エナメル靴はとりわけシンプルな着こなしを好む人にオススメです。というのもエナメルは光の反射で装飾性が強いのです。白Tシャツや黒パンツなどスタンダードな服装はともすれば「地味」とも感じられますが、かといってそうした服装を好む人は得てして「デザイン服」が嫌いなもの。デザイン服が嫌いだけど、地味とも言われたくない……そんな人のためにエナメルはあります。

エナメルは無地黒シンプルなデザインでも装飾感があります。シンプルなスタイルでも地味に感じさせないでしょう。オシャレ感を強く、また高級感を与えてくれるエナメル靴の世界。まだ手持ちにない方は是非試してみてください。案外この時期の白Tシャツ・デニムパンツなどに合わせても良いでしょう。

MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。