「ムートン」の着こなしは、薄手をトーン&トーンで合わせる【秋のコーディネイト⑤】

冬のトレンド素材として近年脚光を浴びるムートン。もとはアウトドアなどで用いられていた素材ゆえに、ワイルドに見えることも。ここは薄手を吟味して同系色のトーンでまとめ、上品に着こなしたい。


BRUNELLO CUCINELLI 

左/生涯のワードローブとなる大人のボンバーブルゾン
ブラシを用い、手作業で丁寧にキメを整えたブラッシュドスエードに、上質なムートンライニングを組み合わせた贅沢なボンバーブルゾン。とても凝った作りながら軽く柔軟で、抜群に暖かい。ボア襟は着脱が可能であり、骨太にもスマートにも着こなせる。ブルゾン ¥950,000、セーター ¥160,000、パンツ ¥129,000、靴 ¥136,000(すべてブルネロ クチネリ/ブルネロクチネリ ジャパン TEL:03-5276-8300)

SALVATORE FERRAGAMO 

中左/ディテールに込められたブランドの美学に高揚する
精悍で暖かいスタンドカラーを備えたムートンブルゾン。柔軟かつ軽量で気軽に羽織れる。ブランドアイコンであるガンチーニをあしらったジッパーや前立てのパンチングロゴ、ポケットのレザーパイピングなど、ディテールにまでこだわり抜いた1着である。ブルゾン ¥530,000、シャツ ¥42,000、靴 ¥77,000、パンツ参考商品(すべてサルヴァトーレ フェラガモ/フェラガモ・ジャパン TEL:0120-202-170)


HERNO 

中右/ベーシックだからこそ選びたい最高のクオリティ
ニットのような着心地である、非常に柔軟で軽い上質なムートン製ブルゾン。シンプルで末長く愛用できる。ブルゾン ¥375,000(ヘルノ/ヘルノ・ジャパン TEL:03-6427-3424) セーター ¥18,000(アール&ブルース/麻布テーラープレスルーム TEL:03-3401-5788) パンツ ¥30,000(ジャブス アルキヴィオ/ビームス 六本木ヒルズ TEL:03-5775-1623) 靴 ¥69,000(サントーニ/リエート TEL:03-5413-5333)


GIORGIO ARMANI 

右/永遠のモダニティを備えたタイムレスエレガンス
柔軟かつ軽量ながらも暖かい、極上のムートンを用いたミドルレングスのコート。スエード仕上げの表面には細やかなテクスチャーがプリントされており、スタンドカラーになる襟回りやスナップボタンも相まってモダンなエレガンスが漂う。コート ¥600,000、セーター ¥143,000、パンツ ¥260,000、靴 参考商品(すべてジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパン TEL:03-6274-7070)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=前田 晃〈人物〉、隈田一郎〈静物〉 Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI(The VOICE)



【秋のコーディネイト】はこちら⇩

大人の「ミリタリー」はワントーンでまとめるのが正解

オンとオフで着られる「万能アウター」は上品パディングコート

スポーティな「側章パンツ」はテーラードジャケットと合わせる