アマダナ熊本浩志のモノ語り「まるで裸で歩いているよう! ミノトールの服は衝撃的な着心地」

モノには自分の可能性を広げる力がある。そこでアマダナ代表取締役社長兼CEOである熊本浩志さんに、日々、勝負をつづけるライフスタイルでの“服選び”についてうかがった。

勝負を意識せずに勝負する。そのために疲れない服が必要

成長とともに、気分を上げるモノに対する意識が変わってきたと語るのは、アマダナ代表取締役社長の熊本浩志氏。

「勝負することは、今の自分にとっては当たり前のこと。だから、敢えて意識してモノを選ぶということはありませんね」

その熊本氏が着用しているのが、ジャパンブランドであるミノトールのセットアップだ。

「イタリア好き、ということもあって、かつてはスーツばかり着ていたこともありましたが、今はミノトールの服が着ていて一番落ち着くというか、自然体でいられるんです。カジュアルだけれども、決してルーズに見えることはないし、機能に裏打ちされたミニマルなデザインは疲れない服という、新しい価値観を教えてくれましたね」

ミノトールの着心地は楽ではあるものの、熊本氏は決して現状に甘んじているわけではない。むしろ攻めている、と言う。

「自分のポジションが創業当時とは変わってきたこともありますが、勝負の方法が世の中を見ながら手持ちのカードを切るという感覚に近いものになってきている。モノで気分を上げるというよりも、意識せずに着実に勝負するような感覚です」

自身を自然体へと導いてくれるミノトールのデザイナーである泉 栄一氏と熊本氏は、旧知の間柄だったが、服に惚れこんだのは、つい最近のこと。

「泉さんとは年齢が近いということもあって、体験してきた文化や好きなモノが同じなんです。ミノトールの服は、台湾で行われた発表会でプレゼンをする際にセットアップを着用し、衝撃を受けました。あまりにも着心地が快適で、裸で歩いているような感覚でした(笑)。今日着ているのは秋冬の新作ですが、このままランニングしてもいいくらい機能も素材も優れています」

熊本氏が着ているジャケットを見ると、上衿にはフードが内蔵されたブルゾンタイプだが、テーラードジャケットとしても使える2way仕様になっていることも、お気に入りの理由。

「デザインと機能のバランスというか、表現の方法にモノの作り手として納得するものがある。TPOに応じてカジュアルにも、ドレッシーにも着ることができるバランスのよさや、シンプルながらもこだわりが凝縮されている素材使いが魅力ですね」

勝負を意識せずに、勝負する。日常から第一線で活躍する熊本氏には、快適かつ品のあるミノトールの服が最強のビジネスパートナーなのかもしれない。

この日、熊本氏が着用していたのは、ミノトールの秋冬の新作であるGYM 2WAY ジャケットのセットアップ。撥水、透湿性に優れた素材を使いつつ、ステッチを抑えた縫製仕様によって、デザインはミニマルな仕上がりに。

また、バックパックはポーターとのコラボモデルで、カジュアルすぎず、品のある佇まいが特徴的。普段からジムやゴルフに行くことが多いという熊本氏のライフスタイルにふさわしい機能性も兼ね備えている。

Hiroshi Kumamoto
1975年宮崎県生まれ。大学卒業後、家電大手、東芝へ入社。2002年に退社後、株式会社リアル・フリート(現・amadana株式会社)を立ち上げる。現在、総合クリエイティヴカンパニーとして、グループ会社含め、4社を展開している。


Direction=島田 明 Text=いとうゆうじ Photograph=滝川一真


アストンマーティン寺嶋正一のモノ語り「モノに負けない自分であるために一流の世界に身を置く」