シャツのオーダー、峰竜太が実践する技 峰 竜太の買い物手帖 Enrich the mind お題「シャツ」

クールビズの季節は男性のシャツ姿が目につきますね。眩い陽射しにも合う、美しいシャツが欲しくなっちゃう。

そんな気分に合った色柄のシャツは既製品を買いますが、ベーシックなシャツはもう何十年もオーダーメイドにしてます。なぜならシャツほど着心地や見た目に違いが出て、かつ比較的安価でお洒落が楽しめるアイテムはないのですから。

でもオーダーメイドだからといって、変に構えたり、個性的にする必要はないんですよ。僕が実践しているのが、第一ボタンと第二ボタンの間隔を他と均等ではなく、空けること。こうすることで、ボタンを外した時の胸元の開き具合が美しく見える。既成品だと第二ボタンを外すと開き過ぎでだらしないし、とめると狭くて窮屈です。首が短くて、太くても、そのバランスが決まると、格段にスマートな印象に。オーダーといっても最近は値段も手頃なので、ぜひ一度トライしてみてほしいですね。

既製品ではリベラーノやイザイア、フィナモレなど発色のいいイタリアンシャツが多い。白シャツは峰さんがプロデュースする新しいブランド、ドラゴーネ。ボタン間隔の違いも歴然で、着てみれば胸元の開きも絶妙だ(写真右上)

では既製品の場合はどうするか。これも内緒にしたいけど、教えちゃいましょう。胸元の開きの丁度いいところを両面テープで留めるんです。ただこれだけ。ね、簡単でしょ。

高級スーツもいいけれど、すっきりとシャツを着こなすのもお洒落だと思いますよ。それにジャストサイズのシャツを長く着ることは、体型維持の目安にもなりますから。