ブランドや希少性で価値を決めない! 自分で作る唯一無二の「名もなき指輪」【MB】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。彼にビジネスパーソンのための、いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。

JAM HOME MADEの「名もなき指輪」

今回はちょっと面白い商品を紹介します

1998年創業、日本のデザイナーズアクセサリーブランドの大手であるJAM HOME MADE。そのJAMが展開している「名もなき指輪」というキットは自宅でオリジナルリングが製作できるというもの。

過去にGOOD DESIGN AWARDにも選ばれたこちら。リングの素材や製作に必要なハンマーなどが同封されており、自宅でペアリングを製作することができます。

まずはリングの計測キットで自分の指のサイズを測り、次にそのサイズに合った素材を台に設置しハンマーで叩きます。リング素材は楕円形になっているのでハンマーで叩きながら真円に近づけていく作業を行います。真円に近づけば完成。叩き方次第で形はいびつになったり、凹みがうまれたりとオリジナルアクセサリーならではの味わいが生まれます。

シルバー素材で30,000円ほど、真鍮素材で9,000円ほどの価格で手に入るこちらのキット。リングの素材はサイズごとに用意されているため10本近くのリングが入っています。その上ハンマーだのなんだのと同封されているわけで……かなり豪華な内容。JAM HOME MADEのシルバーリングだと1本あたり15,000円くらいが当たり前、そこから考えると妙に安い。その理由は職人さんが本来行う作業を消費者に任せているからですね。

作業工程の工賃を値引くことができる。消費者としては製品だけでなく「体験」もセットになり、安く賢く満足度高くペアリングが手に入るというコロンブスの卵的発想の大ヒット商品。GOOD DESIGN AWARDに選ばれるのもうなづけます。

さらにこのキットで作ったリングは、ブランド側に預ければいびつな形はそのままにプラチナやゴールド素材にして作り替えてくれるサービスもあります。カップルとして作ったペアリングが、結婚指輪としてもそのまま使えるロマンチックなデザインアイテム。しかも自宅で製作・体験をすることができるため外出に難ありなこの時期にはちょうどよいキットでしょう。

リングなどのアクセサリーは過度な装飾をするとどうしても好みが分かれます。長く使うならとシンプルデザインを選ぶ人も多いですが、そうするとどこのブランドの製品も同じように見えてなかなか選べないもの。

そこでこうしたオリジナルデザインのリングを選ぶのがおすすめ。愛着もわき、先々には生涯使えるリングにもなるでしょう。休日にパートナーと自宅で楽しむのにもぴったりです。お互いのリングを叩き合い、それぞれが作ったいびつなデザインには愛着と絆を感じるようになるはず。

ブランド力、希少性、トレンド感、そうした客観的な価値観でモノを選ぶのもよいですが……肌に直接付けるというウェアラブルでプリミティブなリングならば、「自分たちが価値を決める」こうしたオリジナルデザインを選択するのも賢いかと思います。ぜひご参考に。

MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。