【キーワード別】どう選び、どう着るか? 秋のジャケット総ざらい

オン・オフ双方で活躍するジャケットは、今も昔も大人の男性にとっての最重要ワードローブだ。ゆえに小まめなアップデイトを心がけるべきである。そこでジャケットの最新動向から最旬のキーワードを抽出。今季らしい選びと着こなしを提案する。


1.レザージャケットはハードになりすぎないようモード感を意識して着る!

今季久々にレザーが素材として注目されている。レザージャケットの場合はハードになりすぎないよう、 モードメゾンからチョイス。全体のトーンを抑えめにし、洗練された雰囲気を意識したコーディネイトが正解だ。

詳細はこちら


2.今季人気のコーデュロイジャケットはカントリー調ではなく都会的に着る

レザーに並び、脚光を浴びている素材のコーデュロイは、カントリー調に振れると野暮ったく見える。 ダークトーンを選び、ドレッシーなアイテムでまとめると都会的な印象に。ベルベットに通じるフォーマル感も漂う。

詳細はこちら


3.今シーズン欲しいカシミアジャケットはワントーンで着こなす!

柔軟かつ軽量で保温性にも優れるカシミアジャケットは、秋冬のワードローブに加えておきたいアイテム。 今季はジャケットに合わせて色調をワントーンに統一するのがいい。洗練された雰囲気で新鮮に着こなせるはずだ。

詳細はこちら


4.ドレスアップして着たいベルベットジャケット

夜の社交場など、気が置けないカジュアルな席でもドレス感が欲しい時はある。その際に適材なのが 今季増えているベルベットジャケットだ。ニット1枚に羽織っても、ほどよく艶やかなドレッシーさを演出できる。

詳細はこちら


5.革新的テクノロジー! 自宅の洗濯機で洗えるフランネルジャケット

テクノロジーの進化は、クラシックなジャケットにも変革を もたらしている。そのなかのひとつが家庭用洗濯機で水洗いできる フランネルジャケットだ。常に清潔な着心地をキープでき、 着用していくシーンにも、フレッシュな心持ちで臨めるはずだ。

詳細はこちら


6.リラックスして着たいキャメルのジャケット

ここ数年、第4のジャケットカラーとして着目されているキャメル。 エレガントで落ち着いた印象があり、相手をリラックスさせる 効果もある。その特性を活かすべく、白からライトグレー、 ベージュという淡く上品な色のアイテムでコーディネイトしたい。

詳細はこちら


7.カラージャケットを1点、着こなしのアクセントに使う

鮮やかな色使いが、久々にメンズスタイルに戻っている。大人の男性には難しい印象もあるが、他のアイテムの 色調を絞り、カラージャケットを1点、差し色的にポイント使いすれば簡単。いち早く色を楽しめる。

詳細はこちら


8.ヴィンテージ調のジャケットには同系色のものを組み合わせてモダンに!

ファブリックのトレンドとして、この秋冬も外せないのがヴィンテージ調のレトロな生地だ。 味わい深い表情は紳士にこそ似合う。色数を絞ったシックな合わせで、モダンさを意識すれば懐古趣味には陥らない。

詳細はこちら


9.保温性抜群! アウター感覚で着たいパディングジャケット

近年増えているパディングジャケットとは、保温材を用いたジャケットのこと。保温性が非常に高く、ニットに羽織るだけでまさにコートいらず。それでいてジャケットの上品さはキープされており、活躍は間違いなしだ。

詳細はこちら


10.モードブランドのダブルジャケットならクラシックになり過ぎない!

ダブルジャケットが見直されているのは、制服然とした凛々しさゆえ。だが、クラシックに振れすぎることも。 そこで吟味したいのがモードメゾンのダブルだ。斬新かつ洒脱な解釈により、男らしいダブルをモダンに楽しめる。

詳細はこちら


11.ブラックジャケットは全身を黒で統一してコンテンポラリーに着こなす!

クラシックスタイルには珍しく、今季ブラックがトレンドとなっている。ジャケットも1着手に入れたいが、 手持ちのクラシックアイテムとは合わせにくい。ここは全身を黒で統一し、コンテンポラリーな着こなしが正解だ。

詳細はこちら


12.チェック柄のジャケットにはブルーのシャツにタイを締めて着こなす

クラシック回帰という近年の流れを汲む最旬ジャケットが、チェック柄。なかでも大柄のものはモダンに見え、 ビジネススタイルのスパイス的役割も果たす。ただしカジュアルに振れがちゆえ、タイドアップが着こなしの鉄則だ。

詳細はこちら