ハワイに別荘を持ちたい人は知っておきたい最新不動産事情 【物件編】

別荘を持つならハワイで、と思っている人も多いはず。ハワイで急速に開発が進むカカアコエリアのワードビレッジをはじめ、今、注目の物件を専門家に聞いた。


1.美しい海辺に寄り添う約5,500㎡の豊かな敷地

約33億7,000万円。所在地:カイルア。敷地面積:約5,500㎡。近代建築とラグジュアリーなデザインを巧みに融合させた美しい海辺の戸建て「カイ・モエナ」。広大な敷地にはふたつの主な住居があり、合計10ベッドルーム、8 つのバスルームが備わる。テニスコートやシアタールーム等もあり、友人と遊び尽くすのにうってつけ。


2.海とダイヤモンドヘッドのパノラマビューを味わう

約5億9,000万円。所在地:カカアコ。敷地面積:約269.98㎡。ワードビレッジプロジェクトの第一フェーズとして建設された、38階建てのコンドミニアム「アナハ」。オーシャンビューのプールやジャグジーなどはもちろん、テニスやビーチバレーコートなど多彩な設備を誇る。海やダイヤモンドヘッドのパノラマビューは圧巻。


3.今、もっとも旬な超高級コンドミニアム

約7億9,000万円。所在地:カカアコ。敷地面積:約247.96㎡。ワードビレッジのなかでも最高の立地にあるアラモアナ通りの最前列に位置する、特別感溢れるコンドミニアム「ワイエア」。インフィニティ・プール、ヨガルームも設置されたフィットネスセンター、BBQエリアやドッグ・パークなど設備がこれ以上ないほど充実。


4.カクテル片手に夕日を望む全面改装のコンドミニアム

約1億9,500万円。所在地:カラカウア。敷地面積:約80.82㎡。ゴールドコーストからの眺めを最大限に楽しむため、3 年前に全面改装されたコンドミニアム「オーシャンフロント リトリート」。白やブラウンを基調にしたインテリアで、青い海とのコントラストが美しい。海辺のラナイから夕日が沈むのを眺められる絶好の立地。


5.オアフの西海岸にある豊かな渓谷に佇む戸建て

約2億2,450万円。所在地:マカハ。敷地面積:約222.22㎡。太平洋を一望するオアフ島のもっとも魅力的な渓谷のひとつといわれる、マウナール・エステートに位置する戸建て。ホノルルからクルマで約1 時間の場所にあるマカハの豊かな海や山を、インフィニティプールから眺められるように設計され、自然と一体化できる。


6.崖の真上から望む、海と山。夢ある家づくりを可能に

約5,050万円。所在地:ポートロック。敷地面積:約4,000㎡。マウナルア湾の東側に並ぶオーシャンフロントの美しい住宅街、ポートロック。もともと1940年代後半から裕福な住民が移り住み、住宅を建てたのが原点だが実は穴場のスポット。崖の真上に位置するため、高い標高から景色を見下ろすことができる希有な土地だ。


7.ホテルならではの多彩なサービスが受けられる

約5億1,000万円。所在地:ワイキキ。敷地面積:45.15㎡。ワイキキの5 つ星評価のホテルコンドミニアム「トランプタワーワイキキ」はワイキキビーチまで徒歩2 分で、ショッピングモールやレストランもすべて徒歩圏内だ。さらに、統一されたインテリア、部屋のクリーニングなどのホテルサービスが付随する。


8.高い生活インフラを享受する新築コンドミニアム

約7,300万円。所在地:カカアコ。敷地面積:37.81㎡。ワードビレッジに2018年末、完成予定の新築コンドミニアム「アエオ」。40階建てのビルには5,474㎡もの広さの店舗スペースがあり、ホールフーズマーケットが併設される。専用出入り口からは、外にでることなく入店できるなど、居住者だからこその利便性も。


※物件はすでに売却済みになっていることもあります。ご了承ください。※1$あたり112.28円で換算(10月11日時点)
問い合わせ先:リスト サザビーズ インターナショナル リアルティ https://list-hawaii.jp/

リスト サザビーズインターナショナルリアルティ
シニア セールス 大橋 登

1979年千葉県生まれ。2002年にリストグループに入社。’14年よりハワイアウトバウンドビジネスに従事。仲介物件だけでなく新規開発プロジェクトの案内販売及びマーケティングにも精通。


Illustration=野本あやこ