アジア圏初! クルマ好きのための会員制ドライビングサロンが2022年、南房総に誕生

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、2022年末に千葉県・南房総に会員制ドライビングサロン「THE MAGARIGAWA CLUB」を開業すると発表した。東京都心や羽田空港からクルマで約1時間の好立地で、富士山と東京湾を望みながらドライビングを楽しめる新たな社交場となる。

世界に唯一のドライビングクラブが開業予定

「創りたかったのはクルマ好きにとっての第二の故郷のような場所。友人や家族と最高の時間を過ごせる“聖地”。どのサーキットにも似ていないコースを持つ、世界に唯一のドライビングクラブです」

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド代表取締役社長の渡 謙作氏がそう語るのは、千葉・南房総市に建設中の「THE MAGARIGAWA CLUB」のこと。

ティルケが設計したロードコースとリゾート施設を設えた、アジア初の会員制ドライビングクラブ。開業は2022年末を予定している。

ゼロから開発された全長3.5kmのオリジナルロードコースは、数々のF1サーキットの設計を手がける「Tilke Engineers & Architects(ティルケ エンジニアーズ アンド アーキテクツ)」によるもの。

標高差80mで、獲得高低差は250mとなる起伏に、テクニカルな22のコーナー、未知のスピード体験ができる最長800mのストレートを誇るという。世界でも類を見ないチャレンジングかつ安全で走りに集中できるコースレイアウトだ。

愛車を最適な環境で保管するための長期保管ガレージも併設。車両の保管に適した温度・湿度に整え、セキュリティ万全な空間で熟練のメカニックの手により、 いつでも走行可能かつ最適な状態に保ってくれるサービスも。

会員それぞれの愛車によるドライブが可能で、走行用の車両保管と走行前後の車両メンテナンスサービスも受けられる。さらにプロドライバーによるプライベートレッスンの受講もでき、愛車の秘められたポテンシャルを安全に体験できるようになるという。

専属メカニックが控えるピットビルディングには、最大36台のピットインスペースも。空調設備を備えるほか、給油ステーションや専属サービスマンが走行前後の点検を行なう徹底ぶりで快適な走りをサポート。まさにクルマ好きにとって至れり尽くせりの究極のサロンなのだ。

サーキットを走るスーパーカーのエグゾーストサウンドを聴きながら南房総の自然を望む、ゆったり過ごせるプール。会員しか体験できない特別な場所だ。    

これまでのサーキットといえば、主役はドライバーとクルマで、同乗で参加したパートナーや家族が快適に過ごせる場所は皆無だった。しかし、コーンズはこの「THE MAGARIGAWA CLUB」を会員制リゾートとして快適かつラグジュアリーな空間を数多く用意し、付加価値を高める。

施設内はレストランからバー、トレーニングルームや天然温泉、家族でも楽しめるファミリーラウンジまで設けられ、クルマ好きはもちろん、クルマ好きでなくてもゲストと有意義なひとときを過ごすことができるだろう。

レース色を一切感じさせない日本の伝統建築とモダンの要素を融合したクラブハウスのデザイン。このほか、広大な公園やドッグラン、トレッキングコースも併設、 様々なアクティビティを楽しめるようになる。  

最高出力800馬力超、最高速度300km/hにも余裕で達する最新のスーパーカー。しかし、そんな名だたるスーパーカーも公道ではそのポテンシャルを発揮できず、ガレージに佇んでいるのが現状だ。それらスーパーカーを思い切り走らせてみたくはないだろうか?

スーパーカーがスーパーカーたる真の姿を発揮できる最高の会員制クラブ、それが「THE MAGARIGAWA CLUB」。クルマをもっと自由にクルマらしく走らせるーー。

その道しるべを、いまコーンズが切り拓こうとしている。

サーキットを走ったあとの疲れを癒す天然温泉。

THE MAGARIGAWA CLUB
千葉県南房総市に2022年末オープン予定(第一次会員権はすでに完売)
www.magarigawa.com
https://youtu.be/lYR3ngyCK3E   

Text=安島利樹(ゲーテ編集部)