サウナーの、サウナーによる、サウナーのためのサウナフェスとは?【イベントレポート】

去る9月21日〜23日の3日間、長野県小海町のフィンランドヴィレッジにて、「SAUNA FES JAPAN 2019」が開催。今年で4回目となるこのイベントには、著名なサウナーやサウナブランド、サウナ関連企業が集結した。


SAUNA FES JAPAN 2019開催! 600人がととのった!!

ドラマ「サ道」も絶好調。その熱波は確実に勢力を増し、いまや人気がすっかり定着したサウナ。

そんなサウナ好き、サウナ―のためのイベントが、9月21日(土)から3日間、長野県小海町のフィンランドヴィレッジにて開催された「SAUNA FES JAPAN 2019」だ。

このイベントは2015年3月7日(サウナの日!)に、サウナカルチャーのオーソリティが集う「フィンランドサウナクラブ(FSC)」のメンバーを中心に「本物のサウナ」を楽しむことを目的にスタートしたもの。今年は「ゲーテWEB」連載「ととのえ親方のサウナ道」にも登場するプロサウナー、ととのえ親方率いるTTNEも実行メンバーとして参戦。ドラマ「サ道」原作者のタナカカツキ氏をはじめ、著名なサウナ―も集まった。まさにサウナーの、サウナーによる、サウナ―のためイベントだ。

今回は3日間で事前申し込み制。3500人のなかから当選した600名(各日200名)が参加。会場にはフィンランドから直輸入した本場のサウナ付きログハウス、薪を使った”サウナコタ”、日本初のサウナカー(移動式薪サウナ)にテントサウナなど19種類のサウナ、5種類の水風呂(+湖)が勢揃い。特設ステージでは人気熱波師によるトークショーなども行われた。

サウナに入った後は、水風呂や湖に飛び込み、外気浴。八ヶ岳を一望できる湖畔という大自然と一体化できるロケーションも相まって、みな存分に"ととのった"。

「今年で4回目の『SAUNA FES JAPAN』ですが、年々パワーアップ。世界中にサウナフェスのようなものはありますが、ここまでの規模のものはないのでは。八ヶ岳をバックに、みなが"ととのった"様子は壮観でした。サウナブームは本物ですね」(ととのえ親方)

夏も終わりながら、サウナ熱波はまだまだ冷める気配なし、といえそうだ。


Text=八木基之(ゲーテWEB編集部)




ととのえ親方
ととのえ親方
札幌在住。福祉施設やフィットネスクラブを経営する実業家にしてプロサウナー。サウナにハマったのは20代半ばの頃で、その後は世界各地のサウナも訪問。札幌を訪れる経営者や著名人をサウナに案内し、“ととのう”状態に導いてきたことから“ととのえ親方”と呼ばれるように。2017年にはプロサウナーの専門ブランド「TTNE PRO SAUNNER」を立ち上げ、'19年2月には友人の医師らとサウナの最適な入り方を提唱する「日本サウナ学会」も設立した。
気になる方はこちらをチェック