【阪神のブランド学】タイガースにまつわる3つの不思議

プロ野球において、他球団とは一線を画すように異質で強大なブランド力を誇るのが、阪神タイガースだ。本拠地・甲子園球場には今も連日、4万人が集まる。10年以上も優勝から遠ざかるチームが、なぜ今も熱狂の"中心地"であり続けるのか。10年間、スポーツ紙の「虎番」として密着取材を続けるスポニチ・遠藤礼記者が、猛虎を取り巻く世界、その周辺の人々を分析した。


1.観客動員数12球団一! なぜ甲子園には連日4万人以上が集まるのか?

世界に誇れる動員力だろう。先日、セ・パ両リーグから前半戦終了時の観客動員数が発表され、阪神は前年から4・5%、約2000人増の1試合平均4万3270人で12球団トップだった。数字の通りプロ野球が開幕すれば、甲子園には連日4万を超える人々が駆けつける。タイガースは2005年以来、リーグ優勝から遠ざかり昨年は17年ぶりのリーグ最下位という屈辱も経験。それでも、奮わない成績にもほとんど影響されることなく、聖地は毎日、虎党を飲み込んでいっている。阪神のブランド力を語る上で欠かせない聖地。なぜ、虎党は飽きずに、そして、めげずに足を運ぶのか。自分なりの答えは、約20年前の記憶にあった。

続きはこちら


2.阪神1面という文化! なぜ在阪メディアはタイガース報道一色なのか?

サニブラウンが男子100mで9秒台の日本記録を叩き出そうが、嵐が活動休止を発表しようが、関西版のスポニチ1面は「猛虎」で揺るぎない。他社も同じで、世の中に衝撃、驚きを与えるようなニュースや出来事が起こったとしても、ほとんど毎日、阪神タイガースの話題がスポーツ紙の1面を奪取。今年なら「矢野」「梅野」「糸井」「大山」、最近では「ソラーテ」(阪神がシーズン中に獲得した新外国人)が、当たり前のように日本中のニュースを押しのけて紙面の主役に登り詰めていく。

続きはこちら


3.なぜタイガースの選手は無名でもファンから愛されるのか?

220円で夢を見れる場所がある。熱狂渦巻く甲子園球場から約5km離れたところにある阪神タイガースの2軍本拠地・鳴尾浜球場。阪神電鉄の子会社にあたる「阪神バス」を利用すれば、甲子園から220円の運賃で球場の真正面に到着する。ただ、ここで油断は禁物。すでに入場門前には長蛇の列が発生していることがある。鳴尾浜の"小虎党"を決してなめてはいけない。スタンドに腰を下ろす人たちの視線はどこか温かい。甲子園の体感できる熱さとは違い、静かに沸々と燃えているような見えない情熱。近くて遠い1軍……甲子園を目指して鍛錬を積む「小虎」へ多くの人が夢を重ねる特別な空間と言える。名もなき若手選手がいつか聖地で花を咲かせる日を信じ、鳴尾浜に足を運ぶ人たちには1打席、1球でもわずかな成長を見逃すまい、という気概がにじんでいる。

続きはこちら



【大相撲のブランド学②】横綱制度を築き上げた先人のプロデュース力

【JRAのブランド学③】ディープインパクトが示した「血」のスポーツとしての魅力とは?