脱プラスチック! 紙パック入りのミネラルウォーター登場

サステナブルな生活様式への新たな提案として、これまでなかった日本発の持ち運びできる紙パックのナチュラルウォーターが8月下旬、発売された。その名は、「HAVARY’S JAPAN NATURAL WATER」(ハバリーズ ジャパン ナチュラルウォーター)。脱プラスチック製品が求められる中で誕生した紙パックのお水に注目が集まっている。

持続可能なライフスタイルへの一歩  

地球規模で環境問題が深刻化している今、いかにして自然を守り持続可能な未来を育んでいくか。それは、国、地域社会、企業はもちろん、一人ひとりの生活者が取り組むべき課題となっている。

なかでもペットボトルをはじめとしたプラスチックごみによる海洋汚染が海の生態系に多大な悪影響を及ぼしていることは多くの人々が知るところとなり、その対策としての脱プラスチック製品への注目と期待が高まっている。

そんな中で誕生したのが、この「HAVARY’S JAPAN NATURAL WATER」(ハバリーズ ジャパン ナチュラルウォーター) だ。ハバリーズは、自然の恵みである「水」を扱う企業として、SDGs(持続可能な開発目標)を企業活動の中核に据え、水源の環境保全はもちろん、主に再生可能資源を原料としている紙包材を積極的に採用。この紙パックのナチュラルウォーターは、その循環型社会の構築を目指す取り組みをさらに一歩前進させている。

紙パックは、再生可能資源である紙が主原料で、SDGsへの取り組みのひとつとして、売上1本につき1円を世界自然保護基金に寄付されるという。

水を持ち歩くことは、自然を持ち歩くこと。外出先で、オフィスで、レジャーやスポーツで、生活のさまざまなシーンでこの水を手にすることで、持続可能なライフスタイルへの一歩を踏み出すことができる。

そんな願いが込もった"携帯紙パックのお水"を日々の生活に取り入れてみてはいかがだろうか。  

「HAVARY’S JAPAN NATURAL WATER」
330mL ¥160(参考価格)   
公式オンラインストアwww.havarys.comで発売中
9月末よりナュラルローソンをはじめ小売店でも発売


Text=ゲーテWEB編集部