ミラノの最高級ホテルのインテリアに見る「人が集い、安らぐ家」とは?【B&B Italia】

デザイン都市・ミラノ。その最高級と称されるホテルには、ゲストを瞬時に寛がせる仕かけがある。美しいデザインと快適な使用感を約束する家具の存在だ。上質な家具がもたらす癒やしの空間を、自宅に持つ。それはきっと明日への活力になる。


家具がつくり出す、心地よい空間

今や、顧客やビジネスパートナーを自宅に招くことは珍しくない。相手への親愛と信頼の証となり、絆を深めると同時に、次のステージへのステップにもなるからだ。

胸襟を開いて語り合うには、リラックスできる心地よい空間が必須。その最たる例が、年齢も性別もバックグラウンドも異なる人々が集い、各々が上質な時間を過ごせるラグジュアリーホテルのパブリックスペースだろう。

例えば、マンダリン オリエンタル ミラノのレストラン&バー「マンダリン バー&ビストロ」。モダンとオーセンティックがほどよく融合した上品なデザインと、シックな色使いで、ゲストをゆったりとした気分に誘ってくれる。

マンダリン オリエンタル ミラノ

レストラン&バー「マンダリン バー&ビストロ」の設計に携わったのは、同社の代表的ブランド、MAXALTOを手がけるデザインの大家アントニオ・チッテリオ。快適な座り心地のソファ&チェアは、ゆっくりと食事をし、グラスを傾けて語り合うというシーンにぴったり。

ブルガリ ホテル ミラノのガーデンラウンジ「イル ジャルディーノ」も、また然り。木々に囲まれたテラスには、軽やかでスタイリッシュなアウトドアファニチャーを配置。その開放感たるや、ソファに身を沈めた瞬間、ここがミラノの中心地であることを忘れてしまうほどだ。

ブルガリ ホテル ミラノ

ホテルの庭園に臨むラウンジ「イル ジャルディーノ」に配されているのは、アウトドアファニチャー「CANASTA’13」のアイテム。スタイリッシュかつ軽やかなデザインが、リゾート感を演出し、アペリティーボを楽しむゲストの気分をいっそう盛り上げてくれる。

このふたつの空間に採用されているのが、B&B Italiaの家具。1966年の創立以来、イタリアのみならず世界の家具デザイン界を牽引してきた名門ブランドだ。その魅力は、革新的なアイデアとオリジナリティ溢れるデザイン、それを形にする高い技術力、品質へのこだわりにある。

マンダリン オリエンタル ミラノで使用されているFEBOシリーズのアームチェアは、フォルムの美しさもさることながら、ゲストからは「長時間座っていても疲れない」という声が絶えない。それは、構造から素材にいたるまで細かく計算し、"座る"という椅子本来の機能を追求しているからこそ。そしてアウトドアファニチャー、CANASTA’13のソファやチェアも、風雨に強いポリエチレン樹脂という素材を用いつつ、エレガントなデザインと快適な座り心地を実現している。

だからこそ、B&B Italiaの家具を手に入れた人は、長きにわたって愛用し続ける。ソファの座り心地に魅せられ、次はダイニングチェア、その次はベッドと、買い足す人も少なくないという。一度体感したら、二度と離れられない。そんな魅力に満ちたブランドなのだ。

自身はもちろん、招かれた人をも寛がせ、豊かな時間を演出する。上質な家具がつくるホテルライクな空間は、ゲストとの距離をグッと縮めてくれるに違いないだろう。

問い合わせ
B&B Italia Tokyo TEL:0120-595-591

Text=村上早苗


【関連記事】
最高の寛ぎを約束! B&B Italiaの究極のアームチェア