サルヴァトーレ フェラガモの大人の白スニーカー

ホワイト地のアッパーはリネンを用い、爽快な夏の気分を演出する一方、ライニングはカーフスキンを配した、上質な履き心地の大人のスニーカー。サルヴァトーレ フェラガモの新作は、これからの季節に似合う一足だ。
  

ほどよいアンクルカット

ダッドスニーカーと呼ばれる90sのレトロテイストのスニーカーブームに、少なからず抵抗感を抱く人もいるのではないだろうか。何しろリアルタイムで愛用したスタイルであるばかりか、そのネーミングは父親が休日に履くようなダサさを意味しているからだ。

スニーカー ¥89,000  

サルヴァトーレ フェラガモの新作スニーカーは、そんなトレンドに一矢を報いる。

王道のホワイトキャンバススニーカーに、エスパドリーユのようなロープを巻いたソールのデザインをラバーで表現した。そのつなぎにはバンドを配し、絶妙なコントラストが個性を演出する。ローカットとハイカットの中間になる、くるぶしあたりのほどよいアンクルカットも新鮮だ。

リラックスした抜け感は、ダッドならぬ"アンクル"のダブルミーニングで呼びたい。

 シャツ ¥67,000、パンツ ¥155,000、バッグ¥330,000(すべてサルヴァトーレ フェラガモ)  


問い合わせ
フェラガモ・ジャパン TEL:0120-202-170

Direction=島田 明 Text=柴田 充 Photograph=前田 晃〈人物〉、隈田一郎〈静物〉 Styling=久保コウヘイ Hair&Make-up=MASAYUKI(The VOICE)