日本一小さなクルマメーカー「光岡自動車」の素晴らしき1台~吉田由美の世界のクルマ見聞録⑭

女性カーライフエッセイスト・吉田由美は、日本列島だけでなく世界中のさまざまな国にひとりで飛び、クルマの最先端を肌で感じ続ける"現場主義者"である。ゲーテWEBでは『吉田由美の世界のクルマ見聞録』と題し、彼女が実際に現地に出向き「見て、聞いて、乗って、感じた」ことを独占レポート。第14回は日本で10番目の自動車メーカー「光岡自動車」のロックスターについて!


大注目の一台「ロックスター」

あけましておめでとうございます!

本年もよろしくお願いいたします。

今年も楽しい車やカーライフの楽しさをどんどん発信していきますのでお楽しみに!

それにしても私の2020年の仕事始めは、初売りと同じく1月2日。富山県富山市にある大和 富山店でのトークショー。この日、初売りでにぎわっているお店の1階に富山県にある日本で10番目の自動車メーカー「光岡自動車」の大注目の一台「ロックスター」と「ビュートなでしこ」の2台が展示されていました。

ちなみに「ロックスター」は限定200台で2018年11月29日に発売されました。「ロックスター」は市販されている「マツダ ロードスター」をベースに作られた「パイクカー」と呼ばれるもの。つまり、「マツダ ロードスター」の性能をそのまま生かし、デザインで遊ぶという、自称「日本一小さい自動車メーカー」だからこそ、できるのかもしれません。

しかし、その往年のアメ車を思わせるスタイリッシュなデザインが注目を集め、約2ヵ月ほどで完売。私はこのクルマの発表会にも行き、その後で試乗もしていますが、実車も確かにカッコいい! そして目にしたのはどちらも水色のボディカラーでした。2019年末に第一号車の納車がはじまり、2019年度中に最初の50台がデリバリーされ、2020年度に75台、2021年度に75台が納車されるとのこと。

しかし、プレスリリースで見た第1号で納車された「ロックスター」はどう見てもカタログにない色。その疑問を冨山での打ち合わせの時に質問したら、「最初の50台だけは設定されているボディカラー以外でもオーダーを受けていたんです」とのこと。なるほど! だからカタログにはないベージュ(シャンパンゴールド)だったわけですね。

でもこのボディカラーなかなか素敵な色だったのですが、はて? このボディカラー名はなんという名前なのでしょうか?

ちなみに「ロックスター」のボディカラーには、アメリカの都市名が付けられています。コミュニケーションカラーのブルーは「ロサンゼルスブルー」、ほかに「シカゴレッド」、「ニューヨークブラック」、「シスコオレンジ」、「ワシントンホワイト」、「アリゾナイエロー」というラインアップ。ということはゴールドに名前を付けるとしたら「ラスベガスゴールド」⁉ というのは私の案です。

さまざまな由来を持つボディカラー

というわけで、ボディカラーのネーミングについてのお話。

たとえば現行型「ホンダNSX」は、サーキットに所縁のあるネーミングが付けられています。ブルーは、F1レースが行われるモナコの市街地コースの中で、モナコ湾を見下ろすヌーベル・シケインにちなんだ「ヌーベル・パール」。モナコではもう一色「カジノホワイト・パール」はモナコ伝統のカジノコーナーから。また、「ソースシルバー・メタリック」の「ソース」とは、ベルギー・スパフランコルシャンの「ラ・ソース・ヘアピン」。「130Rホワイト」の「130R」とは、鈴鹿サーキットの名物コーナー名など。

また、アウディも「R8」などには「スズカグレー」があります。ランボルギーニの「アド・ペルソナム」では、自分だけの特別色を作ることができ、しかも自由に名前を付けることも可能。私が昨年イベントでお会いしたランボルギーニには、その車の持ち主である女性オーナーさんのお名前が付けられているそうです。

たくさんあるボディカラーの名前。メーカーごとでも違うので全く覚えられません。個人的には、こういう名前のほうが覚えやすいのですが……。 皆さんはいかがですか?


Yumi Yoshida
岩手県生まれ。カーライフ・エッセイスト。自動車評論家(日本自動車ジャーナリスト協会理事)。短大時代からモデルを始め、国産メーカーのセーフティドライビングのインストラクター経て「カーライフ・エッセイスト」に転身。クルマまわりのエトセトラについて独自の視点で自動車雑誌を中心に、テレビ、ラジオ、web、女性誌など広く活動中。3つのブログを展開し、中でも「なんちゃってセレブなカーライフ」は、ピーク時で1日約20万アクセスを誇る。持っている資格は、普通自動車免許、小型船舶1級、国内A級ライセンス、秘書検定、ECO検定、カラーセラピー。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)理事。日本ボートオブザイヤー選考委員。


【関連記事】
19年総括と、話題の映画『フォードvsフェラーリ』について!  

 モーターショーの"ツウ"な楽しみ方「ZF」編  

今月末日本初公開の「ホンダE」がフランクフルトで丸裸に?