プライベートジェットを所有することの意義とは?【PJまとめ】

超人的なスケジュールをこなすエグゼクティブにとってプライベートジェットは最強のビジネスツールだ。時間短縮だけではなく、非日常的な移動は所有することで信用につながり、新たなアイデアを与えてくれる。そんなPJを使いこなすオーナーたちの仕事術に迫った。  

なぜ千葉功太郎はホンダジェットのオーナー第1号になったのか?  

この日仕事を兼ね、1泊2日で種子島、与那国島、宮古島など5島を巡るフライトへと旅立ったのは、数々のスタートアップで成功を収め、現在はファンドを運営する千葉功太郎氏だ。

移動時間を短縮したい、快適な旅にしたい、あるいはステータスとして……プライベートジェットを持つ人の理由はさまざまだが、千葉氏の場合はまったく異なる。ある日、「ホンダジェット」のCMを見て、その美しさに魅了された。

「とにかくその姿がカッコよかった。自分でこの飛行機を操縦したいと思ったんです」

続きはこちら

オーナー上嶋史朗が語る「PJは単に時短のためのツールではない」 

日本でよく知られているいわゆる「プライベートジェット」は、海外ではビジネスで利用する機会が多いため、「ビジネスジェット」と呼ばれている。

「コスト増と捉えるのではなく、その導入が事業にどれだけのプロフィットをもたらすのか。それがビジネスジェットの概念」というのは、総合商社・双日でビジネスジェット事業の立ち上げから関わってきた櫻井洋平氏。

「グローバル展開する企業にとって国際競争を勝ち抜くには、顧客やパートナーとのフェイス・トゥ・フェイスでの交渉や意思決定のスピードが成功のカギ。ビジネスジェットは、徹底的に効率よくビジネスを進めるための最重要ツールなんです」

続きはこちら

購入価格は? 維持費は? 手配の仕方は? 専門家に一問一答!  

Q. 空飛ぶ高級ホテルとも言われるその購入価格は?
A. 機体の種類や内装デザインによって異なるが約5億円~
機体の種類や、内装などによって異なるが、小型機で約5億円~。日本で人気の大型機「ボンバルディア・グローバル6000」などは20億~60億円(中古機を含む)。「ボーイング737」などになると100億円になることも。米国では、20億~30億円の中型機「ボンバルディア・チャレンジャー」が人気だそう。

続きはこちら

一生に一度乗ってみたい! 夢のプライベートジェット機6選  

Airbus ACJ319neo 
旅客機として運航しているA319をベースとした機体。広い機内にはラウンジエリア、ベッドルーム、バスルームを備え、まさに空飛ぶホテルだ。ACJシリーズはニーズに合わせて、さまざまなバリエーションを展開し、すでに世界中で190機以上が飛んでいる。ワイドボディ機が就航している大都市間移動だけではなく、大都市から遠く離れた中規模な都市も運航可能。  

続きはこちら