1万円以下! 日常使いから出張までカバーするビジネスバッグ【MB】

発行する有料メルマガは個人配信者として日本一の規模を誇り、出版する書籍は累計100万部を突破するカリスマファッションアドバイザーMB。彼にビジネスパーソンのための、 いま投資すべきファッションアイテムやテクニックをシリーズで教えてもらう。  

ビジネスバッグは1万円以下で大丈夫!

ビジネスパーソンたるものスーツにバッチリ決まるブリーフケースを一つは持っておきたいものです。

こちらは以前私が作ったオリジナルのブリーフケースですが……この手のレザー製のものをスーツに合わせる小物として一つは持っておいて欲しい。パーティーやプレゼン、営業、仕事後の大事なデートなど、特別なタイミングで美しい自分を演出する必要があるときにリュックではちょっと味気なさすぎるもの。スーツにはやはりレザーやそれに準ずる高級素材のブリーフケースが定番アイテム。完成度の高い着こなしを意識するならば外してはならないアイテムです。

しかしながらファッションアイテムは得てして美しさを追求すると機能性が損なわれるもの。レザー製のブリーフケースは美しい反面、雨に弱く梅雨時期や秋冬などには使いにくい。また美しいフォルムである反面、薄手で収納性が低く日常のビジネスシーンでは十分ではないことが多い。

そこで私は二刀流をおすすめしたい。「いざ」という時の美しいフォーマルブリーフケースと、日常使いできる機能的な大振りビジネスバッグ 。この2つを携えればもうビジネスシーンはいかなるTPOも安泰です。そんなわけで今日オススメするのは「日常使い」の方。

ショッピングモールなどでよく目に入る「GLOBAL WORK」のバッグ。バッグ類は特に値段で質を推し量る人がとても多いですが、安かろう悪かろうと思うなかれ。「GLOBAL WORK」実はメンズ小物を以前からめちゃくちゃ強化しており隠れた名作がたくさん存在しているのです。

こちらもジャンル的にはいわゆるブリーフケース。もっとも上で紹介しているような薄型・美ボディのものと異なりかなり大振りではありますが。このくらいのサイズ感でナイロンなどの素材使いだとどうしても「アウトドア製品」の印象が強くなりスーツとはミスマッチになりがち。ですがこちら全てのパーツ素材を黒で統一しておりシックな印象にまとまっています。ベルトやストラップ、ZIPに到る細かいパーツ類まで全て黒。カジュアルに見せないようにスーツに合わせられるようにと配慮があります。

またこちらのバッグ、手持ちのブリーフケースとして、肩にかけるショルダーとして、背負うリュックとして3WAYで使える仕組み。ストラップが至る所に隠されていて必要に応じて使い分けることができる。この手のパーツ類が多ければ多いほど当然値段は高くなるものですがこちらはなんと1万円未満。驚異的な価格設定です。しかも素材に重厚感はあるもののライトウェイト、手持ちでもストレスを感じません。

また作りが巧みで荷物が少ない時にはバッグが膨らまず薄型ブリーフケースの顔になります。反面荷物をギッシリ入れた出張時などには大型ボストンバッグの様な膨らみ方をするので日常使いから出張時までカバーできる。

加えて中がまたスゴイ。中は細かく荷物を仕分けられるようにミニポーチがセットでついてきている。さらにはこの手のバッグにしては珍しくスーツケースと同様の観音開きになるタイプ。出張時など大量の荷物を出し入れする際に大変便利。めちゃくちゃ考えられてますこのバッグ。

この手のバッグは海外本格ブランドが支持されていますが、どうしても値段が高い。1万円以内でこれだけの機能性と見た目が担保できるならお得すぎます。しかも案外抜け穴でまだあまり多くの人が気がついていない。ビジネスバッグとしてコスパは最強、どこよりおすすめかも。是非ご参考に。

MB
ファッションバイヤー/ファッションアドバイザー/ファッションブロガー/作家。誰もが理解できる「オシャレの教科書」KnowerMagを運営。ブログ「最も早くオシャレになる方法KnowerMag」を運営。発行する有料メルマガは個人配信者としては日本一の規模を誇る(配信メディアまぐまぐにて)。書籍『最速でおしゃれに見せる方法』、漫画『服を着るならこんなふうに』など多数。関連書籍累計100万部突破。