狙い通りにボールを飛ばす! 繊細なリストコントロールができるトレーニングとは?【ハンサムスイング⑤】

ゴルフ場で大人の落ち着きや色気を醸し出したいなら、どうすればいいのか? 雑誌ゲーテ創刊以来、数々の経営者や著名人とラウンドしてきた編集者・二本柳陵介は「不細工なスイングでは一緒に回る人にも迷惑がかかる……。顔は変えられないけど、せめてスイングはハンサムにしたい」と考えた。思い立てば、即行動。早速、人気ティーチングプロの城所昌光コーチのもとに駆け込んだ。アマチュアゴルファーがすぐに使える“ハンサムスイング”レッスン、いざ開講!

重要視される「当て方」 

インパクト時の繊細なリストコントロールこそ、ハンサムスイングの真骨頂。誰もが自分の狙った目標へボールを飛ばしたいと考えています。自分の意図と違った所へボールが飛ぶのはなぜでしょうか。それは、クラブヘッドの最下点がズレることが原因です。

最下点を揃えるためには、インパクト時の入射角とフェース面をコントロールすることが大切です。「振り方」ばかりに注目されますが、「当て方」もゴルフでは重要視されます。

リストコントロール=入射角のコントロールと考えていいでしょう。最下点を揃えることでいつも狙いを定めた目標方向にボールを飛ばすことができます。

最下点を揃えるためのトレーニング

それでは、最下点を揃えるためのトレーニングをご紹介します。ここでは、ラグトレーナーという練習器具を使用します。この練習器具は、クラブヘッドが手元を追い越さないように左手首にアタッチメントがついています。まずは、手元を下げる練習から行い、その後左手の甲や手首を使ってインパクトする練習をします。クラブヘッドが手元を追い越さないことが大切です。

なぜ手元を下げるのでしょうか。それは、シャフトが傾く(ハンドファースト)アイアンショットは、手元を下げないとボールに届かないからです。この手元を下げる動きは、リストコントロールの中でも最重要です。この際に重要なのは、「クラブヘッドの最下点を左肩の下」に設定することです。

その後、約10センチ後方にペットボトルのふたを置き、当たらないようにダウンブローに打つ練習をします。

このことにより最下点が揃うだけでなく、スピン量もコントロールすることが可能になります。アプローチショットのスピンやバンカーショットの砂を取る量にも影響しますので、スコアアップも可能になるでしょう。

Masamitsu Kidokoro
1975年生まれ。USGTF ティーチングプロ。インドアとコースレッスン経験14年にして、WGTF(世界ゴルフ教師連盟)から世界に約2万5,000人存在するティーチングプロのうちのトップ100人に選ばれる。2020年3月、元ツアーシード選手の前田雄大氏とともに、JR吉祥寺駅北口から徒歩3分にあるインドアゴルフサロン「吉祥寺ゴルフ倶楽部」をグランドオープン。設立からわずか4カ月ですでに会員は120人を超え、一躍注目の人気レッスンサロンへと成長させた。


吉祥寺ゴルフ倶楽部

住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1丁目8-3 三松ビルB2
TEL:0422-27-2927
営業時間:10:00〜21:00、土曜・日曜・祝日〜20:00
休み:年中無休
https://www.kichijoji-golf.club/


Text=ゲーテWEB編集部 Photograph=小林 司