古閑美保の常時100切りレッスン  ~ミスショットのあとの対処法【ラウンド編①】

常にスコア100をオーバーしないように! ツアー通算12勝を誇り、2008年賞金女王に輝いた、 あの古閑美保プロに聞いてきた。ツアープロとしての豊富な経験に加えて、 引退したからこそ見えてきたアマチュアが上達しない原因を、 シチュエーション別に披露。 "コガミホ流"を会得し、常に100は叩かないようにしたい。ラウンド編スタート!


ミスショットは消しゴムで消す!

ゴルフはミスをいかに減らすかを競うスポーツ。プロであっても必ずミスをするし、そのミスをいかに引きずらないかがその日のスコアに大きく影響を及ぼす。ミスショットを続けないためには何を注意するべきなのか!?

古閑 コースに出たらとにかく意識してもらいたいのは"リズム"です。以前、私はメトロノームで練習していたという話をしましたが、コースに出たときほどリズムが大切なんです。

編集部 ミスショットが出るのはリズムが狂うから?

古閑 ほとんどがそうだと思いますよ。でもリズムよく振れない理由ってコースに出るといろいろ出てくるんです。例えば右サイドがOBで「嫌だなぁ」と思うと、それを避ける意識が生まれますよね。すると自分ではターゲットに真っすぐに構えているつもりでも、無意識に右を避けるようなアドレスをしていることって多いんです。すると頭のイメージと体の向きが一致していないから、スムーズなスイングができなくなるわけ。結果、リズムも悪くなるんです。リズムよく振るには、とにかくターゲットに対してスクエアに構えることが大切なんです。

編集部 例えば、左に引っ掛けばかり出る日は右を向きたくなるんですが?

古閑 左が怖いから右を向くわけですよね。左にミスが出ている人が右を向くと、もっとフックが強くなるんです。左を怖がることで今度は違う理由で左へミスすることになるんです。「さっきは左に行ったらから」って絶対に人間は思うんです。人間は頭がいいからミスショットって忘れないんですけど、でもそれを切るようにしないとダメ。うちの先生(清元登子)がよく言っていたのは「消しゴムで消せ」っていうこと。いいショットは、そういう残像だけを残して、悪いショットは消しゴムで消すように教えられました。

編集部 ミスは忘れちゃっていいんですね?

古閑 でも忘れられないんですよ。人間って頭がいいから残るものなんですけど、消す努力はできるでしょ。そういう時に一番活かせるというか、意識しなければならないのがリズムなんです。リズムだけ考えていればいいんです。それで上手く打てたら、自分に勝てたってことなんです。

編集部 コースでスイングの形をよく気にしちゃうんですが?

古閑 それは絶対にダメ! スイングっていうのは練習場で作ればいいんです。コースではいかにスクエアに構えて、そこに打っていくかだけ。アドレスをしてなんだか気持ち悪いなと感じる時ってあるじゃないですか。それって、体が間違った構えをしているって脳が反応しているらしいんです。それで手を使ったりするわけで、スイングが変わっちゃうんですよね。自分が真っすぐに向けていないだけなのに、ミスショットが出たらスイングがおかしかったんじゃないかとか思っちゃうとコース内で色々とやろうとしちゃうんです。コース内ではスクエアに構えることだけ。そこだけです!

前回に続く                         次回に続く

Direction&Text/出島正登 Photograph/小林 司



古閑美保
古閑美保
1982年熊本県生まれ。プロ転向は2001年で、ツアー通算12勝を上げている。’08年には賞金女王に輝くなどツアーの中心選手として活躍していたが、’11年に突然の引退表明。現在はバラエティ番組に出演するなど、多方面で活躍している。’17年に男子プロゴルファーの小平智選手と結婚し、妻として夫を支える。今でも女子ゴルフ界の姉さん的存在。
気になる方はこちらをチェック