【ダン・カーター×ルイ・ヴィトン】オールブラックスの英雄が手がけたラグビーボールとは?

いよいよラグビーW杯が日本で開催。9月20日、ルイ・ヴィトンがメゾン初となるラグビーボールを日本でのみ発売する。手がけたのはニュージーランド代表、オールブラックスの伝説的プレイヤー、ダン・カーターだ。


ラグビー界のレジェンドがルイ・ヴィトンとコラボ!

ダン・カーターはラグビーファンなら知らない人はいない名プレイヤー。サッカーでいえばクリスティアーノ・ロナウドといった存在だ。オールブラックスの司令塔としてW杯で2度の優勝に貢献し、年間最終週選手に3度輝いた実績を誇る。また、所属クラブを次々に優勝させることでも知られ、昨年は加入1年目にして神戸製鋼コベルコスティーラーズを15年ぶりの優勝に導いた。

Licensed by Getty Images

そのラグビー界のレジェンドが、ルイ・ヴィトンとコラボレーション。ダンなモノグラム・エクリプス キャンバスのラグビーボールをデザインした。

それはオールブラックスのユニフォームを想起させるブラック×シルバーの配色で、昔ながらの革紐がついた伝統的な仕様となっている。ダン・カーターがニュージーランド代表として2003年から’15年に出場したテストマッチ数と同じ限定112個。日本国内のルイ・ヴィトン ストアにて販売される。

バロン・ラグビー¥300,000

ダン・カーターは言う。

「ラグビーは私の人生の大きな部分を占めるもの。今回のコラボレーションの話をルイ・ヴィトンから聞いた時は興奮しました。自分のボールをデザインしたいという願望はあったのですが、まさかルイ・ヴィトンと製作する機会が訪れるとは想像もしていませんから。仕上がりも素晴らしく、大変誇りに思っています。メゾンのデザインチームとのハードワークのすべてが、ひとつの形となったのです」

各ボールには、ブラックカウハイドレザーを使った持ち運び用のハーネスとティー(台座)が付属。部屋に飾ればインテリアアイテムとしても楽しめる。ラガーマンならずとも、コレクターアイテムとしてぜひ手に入れたい一品だ。

Dan Carter
1982年ニュージーランド生まれ。2003年ニュージーランド代表デビュー。ゲームを操る司令塔として活躍し、’15年までに1598得点(歴代1位)をあげた。ワールドカップでは2度の優勝に貢献、’05年、’12年、’15年に年間最優秀選手賞を受賞。世界最高のスタンドオフと評される。現在は神戸製鋼コベルコスティーラーズに所属する。


問い合わせ
ルイ・ヴィトン クライアントサービス TEL:0120-00-1854


Text=八木基之(ゲーテWEB編集部) Photograph=Quentin de Briey