お酒を飲まない人の時代がやってきた!?『ゲコノミクス 巨大市場を開拓せよ! 』

ヴィエリス代表取締役であり、大の読書家である佐伯真唯子が選書。ビジネスパーソンに薦めたい本とは。

“ゲコ市場”の経済効果は3000億円!?

「ゲコ市場(ゲコノミクス)を活性化することが日本経済を救う!」。著者であるカリスマファンドマネージャー・藤野英人さんは、そう力説します。

日本ではお酒を飲む人がどんどん減っており、今や成人の半分以上はお酒を飲めない・飲まない・飲みたくない“ゲコノミスト”らしい。それは裏を返せば、ゲコノミスト向けの商品やサービスは未開拓ということ。ゲコ市場をうまく開拓すれば、少なくとも3000億円を超える経済効果が期待できるとの試算に、「え! そんなに!!」と思わず声を上げてしまいました。

また本書には、「『お酒を飲めないって、人生損してるね』と馬鹿にされる」「『鍛えれば飲めるようになる』と言われてお酒を強要される」など、“ゲコあるある”も満載。「お酒を飲めないと出世できない」などと言う人はだいぶ減りましたが、それでもゲコノミストの悩みや苦痛について考えることは、職場や社会全体のダイバーシティにもつながります。私はお酒を飲む“ノミスト”ですが、ゲコを通して社会を眺めてみると、普段とは違った世界が見えてきます。

この本を読んでみて、目線を変えて物事を考えることの重要性を改めて感じました。

『ゲコノミクス 巨大市場を開拓せよ! 』
藤野英人 著
日本経済新聞出版 ¥1,500

佐伯真唯子
佐伯真唯子
ヴィエリス代表取締役。全身脱毛サロン「メンズキレイモ」等を70店舗以上展開。1600人の従業員とともに、SDGsの実現にも積極的に取り組む。移動時間はすべて読書に費やす読書家。
気になる方はこちらをチェック