“ゴルフ歴1年で70台を出したビジネスマン”が編み出した5つの新ドリル【ゴルフレッスン】

体格的に特段アドバンテージがあるわけではない“フツーのビジネスマン”が、1年でスコア70台前半に到達した奇跡の実話がマンガ化された大塚友広さん。今回は、 一切の無駄を削ぎ落とした5つの練習法を紹介する。「グリーン・ゴーラ」Vol.7より再掲。

1. スタート&ゴールを意識した素振り

スイングのスタートはアドレスじゃない!
大塚さんは「素振りだけでもゴルフは上達できる」と言う。「むしろ最初は素振りだけの方がいいと思います。もちろん上達するには素振りと、実際にボールを打つことの両輪が必要ですが、紹介する“スタートとゴールを決める”は素振りだけでも十分効果が得られる練習法です。ポイントは“ヘッドを最も加速させる部分”。インパクトを中心に考えると最加速点はヘッドがボールを通過した後に設定する必要があります。これがゴールということになります。スタート地点は手が最も高い位置に設定することが効率的です。アドレスからトップまでは助走と考えてください」

2. 3つのボール位置でインパクトをつくる

インパクト時のフェース面を感じ取れる
3ボールインパクトの練習法は大塚さんが提唱する“インパクトの前後30センチ”を整えるのに最適な練習法。「3つのボールを同じ方向に打つことがポイントです。スイングを変えずに同じ方向に打つ。球の高さは変わりますが、同じ方向に出せるようになれば、インパクトの前後30センチの動きは整っているということになります。クラブは7番アイアンがおすすめです」

3つのボール位置から同じ方向に打ちだせれば、インパクト時のフェース面の動きが正しくなり絶対に当てられるようになる。

3. ティーアップしてヘッドの入れ方を矯正する

インパクト率の向上とダウンブローを習得
地面にあるボールを打つアイアンの軌道はダウンブロー。ゴルフの基本とも言える動きをマスターできるのがティーアップ打ち。「練習場のティーを最大に高くしてティーを叩かずにボールだけをクリーンに当てられるようになりましょう。最初は7番アイアンでやり、最終的にはSWでできるようになれば完璧です」

4. ゆっくり振ってしっかりインパクトする

身体の軸ブレ防止に役立つスロースイングドリル
練習法としては単純で、ゆっくりスイングするだけのものだが。「これが意外と難しい。なるべく同じスピードでゆっくりスイングしてボールを打ちます。このドリルによって体幹を鍛えることもできますし、またゆっくりスイングをすることで、アプローチの精度を高めることもできます」

5. 1球ごとにクラブを変えて練習する

スイングに柔軟性を持たせる!
「人間の身体は想像以上に賢いものです」。ゴルフの練習と言えば、例えば7番アイアン1本でひたすら打ち続けるのが主流だったが、大塚さんが提唱するのは「同じクラブを振り続けるより、さまざまなクラブを一本一本変えて打っていくことで、それぞれのクラブの動きが把握できます。身体を少しおバカにして、スイングに柔軟性を持たせたいんです」

  「マンガで身につく!普通のビジネスマンがゴルフ歴たった1年でスコア70台を出したメソッド。」
大塚友広[著] 浅井しんご[漫画]
幻冬舎 ¥1,400
体格的に特段アドバンテージがあるわけではない“フツーのビジネスマン”が、1年でスコア70台前半に到達した奇跡の実話。ゴルフ本として異例のベストセラーとなった『ゴルフはインパクトの前後30センチ! 』『ゴルフ歴1年で70台に突入できる30センチトレ』を基に、実践的ゴルフ理論をわかりやすくマンガ化。独自の練習法も掲載。

1年でスコア70台前半に到達した奇跡の実話を読みたい人はこちら


Tomohiro Otsuka
群馬県富岡市生まれ。メンタルヘルステックサービスを展開するラフール執行役員。AJGAアジアジュニアゴルフ協会理事兼GM。HED法人営業デジタル化協会理事。富岡製糸場の世界遺産プロジェクトに公募による民間登用で観光マネージャーに就任。その際にゴルフを始める。独学でゴルフ理論を構築し、1年でスコア70台前半に到達した大塚自身の奇跡の実話を漫画化した近著『マンガで身につく!普通のビジネスマンがゴルフ歴たった1年でスコア70台を出したメソッド。』は好評発売中。オンラインゴルフコーチング「Natural Works Golf」(https://naturalworksgolf.jp/)も主宰する。


Text=出島正登 Photograph=坂田貴広