機能美を徹底的に追求した999.9の眼鏡

「形式は常に機能に従う」。これはアメリカ建築3大巨匠のひとり、ルイス・サリヴァンの言葉だ。デザインと機能性の密接な関係を簡潔に示している言葉だが、言うは易く行うは難しで、その両方を兼ね備えたプロダクトを生みだすことは容易ではない。

フォーナインズ「NP-600」

眼鏡に求められる機能性と繊細なデザインを高い水準で両立させている。それがフォーナインズの「NP-600」だ。

フレームデザインはクラシカルな趣きのあるウェリントン。そのスタイルを時流に合わせてアレンジを繰り返し、継承させてきたモデルなのだ。

また、素材にチタンを用いた装飾を施すことによってフレームの存在感が高まり、眼鏡自体の美しさをいっそう際立たせている。

フロントとテンプルをつなぐ独自構造の逆R ヒンジを採用。優れた弾力性を持たせることでかけ心地を高めると同時に、負荷を吸収し、フレームの歪みや型崩れを防ぐ。4 月下旬以降発売予定。¥32,000(フォーナインズ/フォーナインズ TEL:03-5797-2249)

Text=ゲーテWEB編集部 Photograph=隈田一郎