ビジネスシーンを格上げするシューズ【勝負靴まとめ】

腕時計と同じように”格”が表れやすく、身体の先端に位置するゆえ目にも留まる。そんな靴はビズスタイルの要であり、勝負を決するポイントだ。技アリな存在感で装いを洒脱に格上げし、一本勝ちできる厳選の靴をキーワードごとに紹介しよう。


エレガントな黒

装いを引き締め、控えめなエレガンスを醸すブラックの靴と鞄。クラシックな逸品を吟味し、ストイックさを際立たせたい。ジョンロブの「ストーウェイ」はクラシカルな趣のラストを使用したウィングチップシューズであり、どんなスーツにもエレガントな気品を添えてくれる。黒革が引き立たせる控えめさと紳士の気品が漂う1足だ。

バッグ[H26×W39×D8cm]¥190,000(フジタカ ギャラリー/イケテイヴィラTEL:03・3861・6276) 靴¥230,000(ジョンロブ/ジョン ロブ ジャパンTEL:03・6267・6010) スーツ¥150,000(リングヂャケット/リングヂャケットマイスター206 青山店TEL:03・6418・7855)


上質感を際立たせる茶

ブラウンの靴は、ブラックより豊かな表情を演出できる。アンティーク調や味のある素材感ならこなれたポイントになるはずだ。右:職人が手作業で色づけした深みのあるカラーのプレーントウシューズは、装いに奥行きと高級感をもたらす。スタイルの格を上げる上質な艶と深みのある1足だ。左:シューズ「アレッサンドロ」は、接ぎのない一枚革に職人の手作業による色づけ”パティーヌ”が施され、抽象絵画のような美を宿す。

右:バッグ[H30×W42×D11cm]¥49,000(インディード/伊勢丹新宿店TEL:03・3352・1111) 靴¥74,000(サントーニ/リエートTEL:03・5413・5333) パンツ¥32,000(リングヂャケット/リングヂャケットマイスター206 青山店TEL:03・6418・7855) 左:バッグ[H39×W32.5×D12cm]¥378,000、靴¥257,000、パンツ¥91,000(ともにベルルッティ/ベルルッティ・インフォメーション・デスTEL:0120・203・718)


インパクト抜群のエキゾチックレザー

圧倒的な存在感により、装いにインパクトを添えられるのが エキゾチックレザー。抑えたトーンで上品に魅せるのが鉄則だ。右:フェラガモが誇る最高峰ライン「トラメッザ」のダブルモンクシューズは、美しい最高級クロコダイルを使用。シャープなフォルムで重々しく見えない。左:奥深い艶を湛えたアンティークブラウンのクロコダイルレザーを使用したビットローファー。斑と呼ばれるウロコの最も大きい部分を甲革の中央に位置するように配された、非常に贅沢なつくりであり、繊細で美しい手縫いならではのモカステッチと相まってラグジュアリーな存在感を放つ。また真鍮のビット装飾はブランドアイコンであるスティラップ(馬具の鎧)を象ったデザインで、スポーティなエレガンスが漂う。こだわり満載のラグジュアリーな1足だ。

右:靴¥360,000、スーツ¥270,000(ともにサルヴァトーレ フェラガモ/フェラガモ・ジャパンTEL:120・202・170) 中:アタッシュケース[H34×W43×D7.5cm]¥2,990,000(ダンヒルTEL:03・4335・1755) 左:靴¥600,000、パンツ¥48,000(ともにラルフ ローレン パープル レーベル/ラルフ ローレンTEL:0120・3274・20)


アクセントに効かせたい絶妙なカラー

凡庸にならず、洒落感が増すアクセントに最適なのが色味を効かせた靴。ただし、礼を失しない控えめな色調が正解だ。サントーニの無駄のない端正なダブルモンクストラップシューズは、熟練職人のハンドペイントによる美しいネイビーのグラデーションに目を奪われる。控えめな色使いで魅了するのが紳士の流儀だ。

バッグ[H30×W43×D9cm]¥280,000(イザイア/イザイア ナポリ 東京ミッドタウンTEL:03・6447・0624) 靴¥140,000(サントーニ/リエートTEL:03・5413・5333) スーツ¥320,000(スティレ ラティーノ)、シャツ¥23,000(ボリエッロ/ともにビームス ハウス 丸の内TEL:03・5220・8686) 時計¥925,000(ゼニス/LVMHウォッチ・ジュエリー ジャパン ゼニスTEL:03・5524・6420)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=隈田一郎  Styling=久保コウヘイ