【カジノ】初心者にもお薦め! 一生に一度は訪れるべきカジノ3選

いまや世界中でカジノは大人気。そこで『カジノジャパン』編集長の篠 泰樹氏が人生で一度は体験すべきカジノ3ヵ所を紹介する。


カジノの真髄を体験する

世界で4000施設以上が営業中のカジノ。

ラスベガスでは2020年頃に巨大カジノ「リゾートワールド・ラスベガス」が開業。また、マカオやベトナムでも新施設がオープン予定など業界は大盛況だ。そのなかで"人生で一度は行くべきカジノ"を篠氏に聞いた。

「まずは、本物のセレブが集うモナコ。由緒ある紳士淑女の社交場で、タキシードを着てルーレットに興じ、カジノの神髄を味わってほしい。一方、ラスベガスではエンタテイメントの頂点を極めた、最先端のショーをド迫力で体感できます」

この秋、北東アジア最大規模のクラブやスパを新設した韓国「パラダイスシティ」も注目。

「アートも多く飾られたラグジュアリーなカジノです。最高級のホテル、レストラン、ショップも一緒に楽しめるのがカジノリゾートの醍醐味ですね」


シーザーズ パレス
ラスベガスを代表する名門カジノホテル。歌手・マライア・キャリーのショーなども開催する。

Caesars Palace Las Vegas.


カジノ・ド・モンテカルロ
モナコ内で最高級のカジノ。宮殿のような空間で、セレブリティがゲームを楽しむ様はまるで映画のワンシーン

©Monte-Carlo SBM


パラダイスシティ
仁川国際空港近くの「パラダイスシティ」。9 月に大規模なクラブ「クロマ」や韓国とヨーロッパのスパを融合させた「シメル」がオープンした。



Taiki Shino
1968年生まれ。カジノ研究機関カジノラボ代表。世界中のカジノを取材し、マカオやニュージーランドなどカジノのある街での海外生活も経験。