世界の街、空港、ロケット、そしてエヴァ&セーラームーンも! SMALL WORLDS TOKYOオープン

世界最大級の屋内型ミニチュア・テーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」が6月11日、東京・有明にオープン。1/80スケールで作り込まれた世界の街や「新世紀エヴァンゲリオン」の第3新東京市、「美少女戦士セーラームーン」の麻布十番など、忠実に再現された世界に没入したい。

小さなもうひとつの世界を楽しむ

入り口のガリバートンネルを抜けると、目の前に広がるのはミニチュアの世界。

ここは6月11日にオープンした、世界最大の屋内型ミニチュアテーマパーク「SMALL WORLDS TOKYO」だ。施設内は「宇宙センターエリア」「世界の街エリア」「『美少女戦士セーラームーン』エリア」「関西国際空港エリア」「『エヴァンゲリオン』格納庫エリア」「『エヴァンゲリオン』第3新東京市」の6つで構成。リアルに再現された1/80サイズのミニチュアによる「もうひとつの世界」に没入体験できる。

「宇宙センターエリア」は、1970年代のアポロ計画時代と未来の宇宙センター、2つが同じ空間に存在(未来ゾーンは現在制作中)。1970年代ゾーンではサターンロケットⅤの、未来ゾーンでは未来型シャトルの打ち上げを、発射基地の周りに集まった(ミニチュアの)人々とともに実際に⾒ることができる。

「世界の街エリア」は、1900年代第⼀次産業⾰命時代のアジア・ヨーロッパを舞台とした5つの国。ファンタジーとスチームパンクが合わさった、どこかにありそうでどこにもない世界が広がる。空想上の⽣き物たちと一緒に、各国で起こる⼩さな事件を探しながら、不思議な世界旅⾏を楽しめる。

「関西国際空港エリア」は、実際に飛行機が離発着を行う空港。大きなエンジン音を響かせながら、飛行機は誘導灯に沿って滑走路を移動し飛び立つ。空港内には、これから旅に行くためベンチで搭乗時間を待つ人、ターンテーブルで荷物を探す人、ショップで買い物を楽しむ人が。朝から夜まで空港に流れる1日を体感できる。

「『美少女戦士セーラームーン』エリア」では作品の舞台となった1990年代の麻布十番の街を再現。昼間は活気のある街並みの中を主人公の月野うさぎたちが楽しく暮らす。やがて夜になると、月明かりの中で変身したセーラー戦士たちが活躍。その麻布十番の街並みの向こうには、作品に登場する30世紀の未来都市「クリスタル・トーキョー」が輝く。

©Naoko Takeuchi

「『エヴァンゲリオン』格納庫エリア」では、初号機、零号機、2号機が発進。使徒の襲来とともに指令がくだり、3体のエヴァンゲリオンが次々と射出される。さらに暗い通路を抜けると現れるのが「『エヴァンゲリオン』第3新東京市エリア」。使徒襲来にともなう非常事態宣言時を再現し、街の地下への格納もおよそ10分ごとに繰り返される。また旧市街地では、使徒との戦闘を終え、シンジや綾波レイも束の間の日常を送っている様子が見られる。

©khara

それぞれのエリアの、それぞれの街、それぞれの人には、それぞれの物語がある。その物語を想像すると、リアルな日常を忘れ、あっという間に時間が過ぎていくはずだ。

それからもうひとつ、この「SMALL WORLDS TOKYO」にはとっておきの楽しみ方がある。それが「住民権付きフィギュアプログラム」。自分自身が1/80のフィギュアになって、実際にミニチュアの世界に「住む」というものだ。最新型の3Dスキャナーで自身を撮影し、自分のミニチュアフィギュアをつくったら、それを好きなエリアの好きな場所に1年間設置。「年間パスポート付き」なので、その自分の分身を見に、1年間に何度も入場できるのだ。ぜひ、好きな服を着て、とっておきのポーズをきめたもう一人の自分をこの街に誕生させたい。

「SMALL WORLDS TOKYO」――そこは、日常を忘れて、誰もが夢中になれる、小さなもうひとつの世界だ。

SMALL WORLDS TOKYO
住所:東京都江東区有明1−3−33 有明物流センター
営業時間:9:30~20:00
面積:8076.84㎡
<チケット>
入場パスポート:大人¥2,700、中高生¥1,900、小人(4~11歳)¥1,500
年間パスポート:大人¥9,800、中高生¥7,600、小人(4~11歳)¥5,900
取り扱い:「SMALL WORLDS」公式 WEB サイト、ローソンチケット
<住民権付きフィギュアプログラム>
宇宙センター/世界の街/関西国際空港:大人¥12,630、高校生以下¥10,760
エヴァンゲリオン/セーラームーン:大人¥19,800、高校生以下¥17,600
https://www.smallworlds.jp/

※当面の間、施設内にいられるのは2時間限定、時間別に入場者数を制限。


Text=ゲーテWEB編集部 画像提供=SMALL WORLDS