コーディネートを格上げする、オフシ-ンでの靴と鞄の超絶合わせ技4

靴と鞄は足元と手元、つまり装いの先端にある。だからこそ目につくのだが、 双方の素材やデザイン、テイストなどをリンクさせることにより、 互いを補完し合うばかりか、間にある装い全体をも引き立てる効果があるのだ。 そんな計算された靴&鞄の合わせ技を、着こなし別に紹介しよう。

スポーツミックス&リラックス

クラシックな装いにスポーティなアイテムを加えるスポーツミックス。双方の要素を備えた靴と鞄で、旬のスタイルを引き立てられる。また。休日に装いたいリラックスしたスタイル。選び抜いた靴と鞄なら、装いだけではなく気分さえもリラックスさせてくれるはずだ。


上質感と機能性を併せ持つスポーティアイテムを吟味
普段の休日に加え、スポーツジムへ通う際などにもぴったりなスポーツミックス。ロロ・ピアーナ独自のウィンド・ストームシステム®・マイクロファイバー使用の「ボイジャー・ダッフル」は、シルクのような上質感と軽量性を兼ね備え、大人のジムバッグに最適だ。撥水性もあるので旅でも活躍する。同じく撥水仕上げのカーフスエード製モカシンなら、雨の日も上品かつアクティブに過ごせる。

靴¥81,000、バッグ[H37×W72×D26.5cm]¥249,000、ブルゾン¥286,000、シャツ¥56,000、パンツ¥77,000、スカーフ¥115,000(すべてロロ・ピアーナ/ロロ・ピアーナ銀座並木通り本店TEL:03-3572-0303)



上品フレッシュなスポーティジャケットスタイル

休日のジャケパンこそ、スポーティなアイテムをミックスして若々しさを引き立てたいもの。トッズの誇る傑作ドライビングシューズ「ゴンミーニ」は、ジャケットに好相性だ。新色のオレンジスエードにダブルT モチーフを凝らしたモデルなら、フレッシュなアクセントにもなる。手元にはその特徴的なペブルソールを配し、「インプロンテ(足跡)」と名づけられたユニークなスエードトートを合わせたい。

靴¥73,000、バッグ[H38×W38×D18cm]¥185,000、ジャケット¥569,000、シャツ¥73,000、パンツ参考商品、サングラス¥65,000、ブレスレット¥29,000(すべてトッズ/トッズ・ジャパンTEL:0120-102-578)



寛ぎつつもエレガントなスーツスタイルで過ごす休日
近年注目されている、休日にリラックスして着るスーツ。スニーカーやバックパックでリラックス感を演出したいが、細く加工したナッパレザーで織り上げたエルメネジルド ゼニアの独自素材「ペッレ テスータ」を用いたシリーズなら、スポーティすぎずスーツにも上品に溶けこむ。軽量で使い勝手もよく、高級感も申し分ない。

スニーカー¥95,000(エルメネジルド ゼニア クチュール)、バックパック[H49×W33×D18cm]¥195,000、ジャケット¥278,000、パンツ¥62,000、ポロシャツ¥87,000(すべてエルメネジルド ゼニア/ゼニアカスタマーサービスTEL:03-5114-5300) ハットはスタイリスト私物


エレガンスとリラックスを兼備するアーバンリゾート
リラックス感の演出に有効なリゾートテイスト。ただし、都会で装うには上品さが不可欠だ。その点、ジョルジオ・アルマーニ氏自身が夏に別荘へ持っていくためにデザインしたというトートバッグは、大ぶりサイズが優美で寛いだ雰囲気だが、持ち手のレザーやコットンキャンバスの上質感がエレガント。エスパドリーユとスニーカーを融合した1 足も、スポーティさと上品さのバランスが絶妙だ。

スニーカー¥74,000、バッグ[H42×W63×D25cm]¥240,000、 ジャケット¥320,000、パンツ¥163,000、T シャツ¥62,000(すべてジョルジオ アルマーニ/ジョルジオ アルマーニ ジャパンTEL03・6274・7070)


Text=竹石安宏(シティライツ) Photograph=谷田政史、隈田一郎[SHOES&BAGS] Styling=石川英治(T.R.S) Hair & Make-up=竹井 温(&’s management)