白馬に行ったら必ず立ち寄りたいスポット7選

標高3000m級の山々が連なる北アルプスに囲まれた白馬は、日本が世界に誇る国際的な山岳リゾート。最近はウィンタースポーツ以外でもここを訪れるツーリストが急増している。そこで白馬に行ったら、ぜひとも訪れたいスポットを紹介する。


HAKUBA MOUNTAIN HARBOR

標高1289mの白馬岩岳山頂にオープンした絶景テラス。白馬三山を正面に望み、秋には北アルプスの名物である三段紅葉を楽しむことができる。NY生まれの老舗ベーカリー『THE CITY BAKERY』や『T.Y.HARBOR BREWERY』のポップアップバーも併設する。

住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城岩岳 
TEL:0261-72-2474 
営業時間:9:00~16:00  ※ 4/27~11/10 のみ営業 
料金:大人:往復¥1,800、子ども:往復¥1,000 
HP: iwatake-mountain-resort.com


おびなたの湯

日本で唯一の天然水素水温泉。美肌やアンチエイジングの効果も期待でき、大自然を感じられる露天風呂が旅の疲れを癒してくれると評判だ。冬期は貸切りも可能で(HPより要予約)、その場合は白馬村内の宿への無料送迎も行っている。

住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城八方9346-1 
TEL:0261-72-3745 
営業時間:夏期 9:00~18:00(17:30受付終了) 
休み:12月中旬~1月中旬、4月上旬 料大人¥600、子ども¥300
HP: hakuba-happo-onsen.jp


THE NORTHFACE GRAVITY HAKUBA

アウトドアブランド、THE NORTH FACEの直営店。2階には白馬三山を眺めながらくつろげるコーヒースタンドを併設。チーズトーストやホットドッグなどの軽食を楽しむことができる。ショップには白馬限定アイテムもあるのでお見逃しなく。

住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城5930-1
TEL:0261-85-2855
営業時間:11:00~19:00(5~11月)、12:00~20:00(12~4月)
休み:不定休


そば打ち ちぇしあ

職人に教わりながらそば打ち体験ができると外国人ツーリストからも人気。水回し、練り、のし、切りの4工程を終えたあとは、自分で打った蕎麦と店主が打った蕎麦の食べ比べも楽しめる。体験期間は4月~11月まで、予約制(10:00~)。

住所:長野県北安曇郡白馬村北城2937-303 
TEL:0261-85-2122 
営業時間:11:30 ~ 19:30(昼営業のみは~15:30、夜営業~21:00) 
休み:不定休 
料金:大人 ¥2,000、小学3年生以下 ¥1,000 ※2名から(子どものみは不可)


マルコメ美麻高原蔵

夏場でも気温が低く、味噌の熟成に最適とされる標高1000mに近いところに天然味噌の醸造蔵が。2年熟成味噌と3年熟成味噌の量り売りや、味噌の手作り教室も開催(HPまたは電話で事前予約)。日本人の食生活に欠かせない味噌の魅力を再発見できる。

住所:長野県大町市美麻8787-3 
TEL:080ー5827ー1159(9:00~17:00) 
休み:月曜 
料金:味噌の手作り教室は大人 ¥1,000、中学生以下 ¥500。
作った味噌はお持ち帰り。
HP: marukome.co.jp/miasa/


庄屋丸八

築160年の古民家をリノベーションした和食レストラン。和の要素を取り入れた空間や料理は外国人ゲストからも好評。名物の炉端焼きに白馬雲海のお造り盛り合わせ、信州ポークのどぶろく味噌漬け焼きなど、土地の食材を使ったメニューも。

住所:長野県北安曇郡白馬村北城11032 旅籠丸八クラブハウス内
TEL:0261-75-1008
営業時間:17:00~24:00
休み:無休(4~6月、10~11月は木曜休)


白馬東急ホテル

ヨーロッパの上質なログハウスを彷彿とさせるリゾートホテル。館内にはバーのほかに日本料理の『万葉』、フランス料理の『シャモニー』など厳選素材を使ったコースを堪能できるレストランも。客室のバルコニーから望む景色が美しい。

住所:長野県北安曇郡白馬村大字北城4688 
TEL:0261ー72ー3001 
部屋数:全102室 
宿泊料金:¥14,553~(1名の一泊料金。シーズンやプランによって異なる)
HP: www.tokyuhotels.co.jp/hakuba-h/


Text=小寺慶子 Photograph=太田隆生