大人の休日服は上質&シンプル ~アイテム編~

休日の装いにおいて大切なのは、リラックス感のあるカジュアル。大人らしい上質で控えめなシンプルさのなかに、トレンドのアイテムをアクセントとして効かせたい。それは一服の清涼剤になるはずだ。

DUNHILL 休日に選ぶべきシャツはオープンカラーが正解

この春夏、久々にトレンドアイテムとして浮上したオープンカラーシャツ。胸元の開放感が休日にうってつけだ。肌を露出することで季節感溢れるフレッシュな印象を演出できる。ただしはだけすぎるとだらしなく見えるので、ほどよく開く襟でシルエットもワイドすぎないものを選びたい。

¥38,000(ダンヒルTEL03・4335・1755)


SALVATORE FERRAGAMO ドローストリングパンツでスポーティフレッシュ 

近年のトレンドであるドローストリングパンツ。元はスポーツウェアの仕様であり、スポーティな軽快さが漂う。スラックスタイプを吟味すれば大人らしさも演出できるはず。

パンツ¥76,000、ブルゾン¥230,000、ニット¥92,000、スニーカー¥59,000(すべてサルヴァトーレ フェラガモ/フェラガモ・ジャパンTEL0120・202・170)


SACAI サマーホリデーに必須な浅めVネックTシャツの効能 

夏場に欠かせないT シャツ。ネックのデザインで印象が異なるが、若さを意識するならば肌が露出するV ネックが正解だ。だが、V が深すぎると若ぶって見えてしまうので、ほどよい深さのものを選んでほしい。

T シャツ¥15,000、コート¥88,000(ともにサカイTEL03・6418・5977) 眼鏡¥32,000(フォーナインズTEL03・5797・2249)


TOD’S 1点差し色に使いたいカラースエードシューズ

鮮やかな色使いは装いをリフレッシュさせるが、いたずらに使いすぎると逆に年齢が際立つことも。ポイント使いが肝心だが、差しやすいのが足元だ。なかでもカラースエードの靴なら色味がやわらかく落ち着いて見え、悪目立ちすることもない。

靴¥86,000、パンツ参考商品(ともにトッズ/トッズ・ジャパンTEL0120・102・578)


ERMENEGILDO ZEGNA COUTUREジョガーパンツにするだけでフレッシュな足元に

裾をリブやシャーリングにしたジョガータイプのパンツは、近年のトレンドアイテム。スポーツウェア由来の仕様ゆえ若さが薫り立つ。

パンツ¥145,000、ジャケット¥376,000、トップス¥134,000、スカーフ¥37,000、スニーカー¥85,000(すべてエルメネジルド ゼニア クチュール/ゼニア カスタマーサービスTEL03・5114・5300)


HERNO 風雨も気にならないフーデッドコートの瑞々しさ

フードにはスポーティな若さがあるので、コートで大人らしく採り入れたい。

。コート¥72,000(ヘルノ/ヘルノ・ジャパンTEL03・6427・3424) 靴¥138,000(サントーニ/リエートTEL03・5413・5333) サングラス¥41,000(オリバーピープルズ/オリバーピープルズ 東京ギャラリーTEL03・5766・7426) その他はスタイリスト私物


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ)  Photograph=前田 晃 Styling=久保コウヘイ  Hair & Make-up=YAS(MØ)Styling=久保コウヘイ  Hair & Make-up=YAS(MØ)