ディオール流、大人のドレスアップはサイドボタンにあり【テーラードの復権】

ストリートウェアの隆盛から揺り戻すように、改めてテーラードウェアが脚光を浴びている。だが、そこにかつてのような堅苦しさはない。ドレッシーでありながら現代的な軽快さや自由さを纏う、2019年春夏に着るべき最新テーラードを俯瞰する。


ボタンの「ズレ」がミニマルに昇華

モードシーンにおいても、テーラードを再解釈する メゾンが増えている。フロントのボタン位置を変えることで、絶妙な新鮮さを演出したスーツもそのひとつだ。 なかでもサイドにボタンをズラしたようなデザインは、 ミニマルな表情がテーラードの未来を予見させるもの。

ディオールの「テイラード オブリーク(斜線のテイラード)」と名づけられた新作セットアップスーツは、右サイドの1つボタンが特徴。ミニマルなフロントで前合わせの斜線が強調され、シャープな印象を引き立てる。素材はムッシュ ディオールが愛したウールモヘアだ。

ジャケット¥330,000、パ ンツ¥105,000、 Tシャツ¥54,000、靴 ¥135,000(すべてディオール/クリスチャン ディオールTEL:0120·021·947)


Direction=島田 明 Text=竹石安宏(シティライツ)  Photograph=前田 晃(人物)、隈田一郎(静物)   Styling=久保コウヘイ Hair & Make-up=MASAYUKI (The VOICE)