中田英寿プロデュースのJ-WAVE NIHONMONO LOUNGEが高輪ゲートウェイ駅前に誕生!

高輪ゲートウェイ駅前特設会場にて開催される「Takanawa Gateway Festa」に、中田英寿さんがディレクションする「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」が登場。全国の銘酒159蔵、予約の取れないレストランのとっておきのメニューが集結する。

選りすぐりの銘酒と特別な料理のペアリング

この春誕生した山手線の新駅・高輪ゲートウェイ駅。その駅前の特設会場で7月14日から9月6日まで開催される期間限定のイベントがTakanawa Gateway Festだ。未来を疑似体験できるようなパビリオンをはじめ、最新映像技術を用いたデジタルアートミュージアム、日本初上陸の屋外インスタレーション、新スタイルのフードショップを展開する。

そのなかでもとりわけ注目を集めているのが、中田英寿さんと、J-WAVEのコラボレーションによって生まれたエンターテインメントレストラン「J-WAVE NIHONMONO LOUNGE」だ。

ディレクションを手がけた中田英寿さん。

過去4回にわたって六本木開催された、中田さん主宰の世界最大級の日本酒イベント「CRAFT SAKE WEEK」とコラボレーションし、約20蔵の酒蔵が入れ替わり、それぞれがおすすめする銘柄を出品。日本全国の選りすぐりの日本酒をテーマに沿って愉しめるほか、予約困難な超人気レストラン16店舗のシェフによる、ここでしか食べられないスペシャルなメニューが週替わりで登場する。

ディレクションを行った中田英寿さんは言う。

「ここは僕が全国を旅して出会った蔵元や生産者を多くの人につなぐ場所。彼らのこと、彼らが手がける素晴らしいものをぜひ知ってもらいたいと思います。この10年、たくさんの現場をまわり、勉強することに自分の時間を最も費やしてきました。もちろん自分が一番ではありませんが、そこは自負しています。併設する「NIHONMONO TOKYO」で販売する伝統工芸品やお茶、フードも僕が選んだ間違いないものばかりです」

「L'Effervescence」「件」「六本木 kappou ukai/六本木うかい亭」「La Barrique Tokyo」「Restaurant Sola」「和韓・石鍋・若狭」「華都飯店」「Don Ciccio」「ちいさな台所ひらた」「Wakiya 一笑美茶樓」「銀座・器楽亭」「Ristorante La ciau」「虎峰」「Arroceria La Panza」「La BOMBANCE」「よろにく」の全16店が参加。
お茶、台所用品、お菓子、発酵食品など、中田英寿さんが厳選したアイテムが並ぶ。

期間中、平日の12:30より会場から生放送で、「YEBISU BEER BEGINNINGS ~FROM TAKANAWA GATEWAY~)」を放送。参加する日本酒の蔵元やレストランのシェフをはじめ、ミュージシャン、クリエイターらをゲストに招き公開生放送で届ける他、別所哲也さんが代表を務める国際短編映画祭「ShortShorts Film Festival & Asia」がセレクトしたショートフィルムも上映する。

なお、感染予防対策として、酒蔵が作った“日本酒アルコール消毒液”の設置や、事前予約制による入場制限などを実施。安心して、日本のよさを目一杯感じたい。  

J-WAVE NIHONMONO LOUNGE
開催日時/2020年7月14日(火)~9月6日(日)
開催場所/高輪ゲートウェイ駅前特設会場 Takanawa Gateway Fest ホール C
営業時間/11:00~21:00(20:30 LO)
※コロナウイルス感染症の対策として、ソーシャルディスタンスを保つため、隣の席を空け、 約100席に縮小して営業
入場方法/事前にWEBサイトからの予約が必要
※7月4日(土)から受付を開始。空席がある場合、当日申し込みも可能。料金は事前に専用コインを購入するプリペイドコインシステム
https://www.j-wave.co.jp/special/tgf/nihonmonolounge/


Text=ゲーテWEB編集部