【キーワード別】今春のスーツ&ジャケット選びの基準

時代の変化は、意識せねば気づかないもの。仕事服の要、スーツ&ジャケットも同じだ。漫然と着ていると、いつの間にか取り残される。そんな進化するスーツ&ジャケットを最新キーワード別に紹介。旬の1着を装い、新たな春、新たな時代のスタートを切りたい。

色・柄で選ぶ今春のスーツ&ジャケット

ここ数年、クラシックスタイルで提案されているワントーンコーディネイト。そのミニマルでモダンな雰囲気は、ビジネスシーンにおいても洗練されたストイックな印象を与える。Vゾーンの色柄合わせに気を砕くだく必要もないゆえ、ぜひトライしてほしい。繊細な光沢を湛たたえるゼニアのシルクウールのブラウンスーツは、やや淡めで軽快感のある色調。同色のシルク混シャツとタイを合わせても重々しくならず、ストイックでスマートな印象を与える。すっきりしたシルエットの「シティ」モデルであり、若々しさも漂う。

続きはこちら

アイテムで選ぶ今春のスーツ&ジャケット

スーツがラグジュアリーブランドに欠かせないアイテムとなった現在。注目したいのが各ブランドのアイコン柄をあしらったスーツである。さり気なく凝らされたものも多く、ビジネスでも十分に通用。控えめに浮かぶアイコンは気分を盛り上げてくれる。

ベルルッティが今季フィーチャーするスクリットロゴ。ミッドナイトブルーのウールセットアップスーツにもジャカード織りで全面に凝らされ、光の当たり具合で知的に見え隠れする。ポケットやフラワーホール、カフスに配されたもうひとつのアイコン、ホワイトのハンドステッチもモダンさを引き立てる。

続きはこちら

素材で選ぶ今春のスーツ&ジャケット

日本でレザーアイテムは冬の印象があるが、欧米において特に柔軟なスエードはリラックスした通年素材として親しまれている。表情に軽やかさもあり、スエードで仕立てたジャケットは春夏のビジネスで新鮮に着こなせる。だが毛羽が粗いものはラフに見えるため、ベルベットを思わせるきめ細かく上質なスエードを吟味するのが鉄則だ。ジョルジオ・アルマーニの新作のダブルジャケットは、海軍のユニフォームのように凛々しい。キャメルカラーのラムスエードはベルベットのごとくなめらかな肌触りと柔軟性を備え、オン・オフ双方で活躍。浅めの前合わせでボタンを開けてもだらしなく見えないのもポイントだ。

続きはこちら