ワインと映画を愛する"赤坂の杉本彩"の店~玉袋筋太郎のスナックミシュラン⑥赤坂『Rose』

全日本スナック連盟の会長である玉袋筋太郎さん(以下玉ちゃん)がスナックを巡り、プロの目線で、ママやお店の評価を下す連載「スナックミシュラン」。日本列島津々浦々、スナックは全国に7万軒もあるというのに「興味はあるけど行ったことがない」なんて人も多いはず……。玉ちゃんが、ママのキャラ、お店の雰囲気、つまみ、歴史、時にはお客さんの質まで、深い愛情を持って★をつけてゆく。第6回は東京・赤坂にある『Rose』。

今回は、赤坂。玉袋さんのお店「スナック玉ちゃん」と同じビルにあるご近所の『Rose』(ローズ)さん。大人の街、赤坂で9年間、咲き続けている薔薇。果たして今日は、どんな大人な時間になるのか――。

玉ちゃんとの出会い

ママ:玉ちゃん、召し上がります?

玉ちゃん: そうね。(玉ちゃんのボトルを見て)あれ? こんだけしか残ってない? ここにくるといつも残りわずかになってんだよねー(笑) あれだね、やっぱ揮発するんだね。

ママ:ねー、強いお酒だからねー(笑)

玉ちゃん:そっかそっか、こうなっちゃうんだな。ではでは、始めますか。さて、今日は赤坂に咲いた薔薇ね。ローズだよ! もう見てよ、ママは赤ワイン専門だから、スナックなのにね。でもね、俺のスナックも同じビルなんだけど、ママは全然先輩だから。

編集部:お店はじめてどれくらいになるんですか?

ママ:11月で9年になりまーす。よろしくねー。

玉ちゃん:この地下街もね、今でこそ賑わっているけど、ママが始めた頃はね……。

ママ:そうねー、オープンして1年で震災があってね。みんなパッといなくなっちゃって、当時は3、4軒しか入ってなかったのかな。

編集部:玉ちゃんとのお付き合いは、玉ちゃんがお店を始めてからになるんですかね?

玉ちゃん:そうそう、俺が店始める時にね、このビルの各お店にカステラを持って挨拶に回ったんだよね。最近、そういうのないらしいんだけどさ。で、ローズにも挨拶に来たんだよ。ママいなかったけど。

ママ:私いなかったの(笑) 早い時間は大体いないんですよ、出来上がってから来るから(笑)

玉ちゃん:それが今ではさ、何回一緒にベロンベロンになって、すしざんまいに行ってんだって話だよ。でも、ほんとにうちのお店のお客さんもローズに来るし、ローズのお客さんもうちに来てくれるしね。すごくいい関係なのよ。

ワイン好きだけどスナック

玉ちゃん:このママがね、なぜ赤坂で店を始めたのかね。

ママ:もともと赤坂でバイトしていたんだけど、そのお店がなくなっちゃたんだよね。そしたら、私、当時からワインが好きだったんだけど、それを知っていた知り合いが、ワインバーを紹介してくれたのよね。そこは今でもあって、今年20周年だったかな。そこで私は1年間働かせて頂いて。

編集部:ワインバーでですか?

ママ:そう、ワインバー。そこがすごく勉強になったんですよ。一人でいる時間が長くて(笑)

玉ちゃん:ハハハハッ、暇だったってことかな。

ママ:ううん、暇じゃなくてね、ママが女の子に丸投げして、結構安心してお出かけしちゃう女性だったのね。だから、何がなんでも自分で全てわかっていないとワインの説明とかもできなくてね、結構いいワインも出していたから。で、こんなに一人で毎日やってるんだったら、一人でやった方がいいかもと思って。

玉ちゃん:いやいや、大変だよ。一人で始めるって言ってもさ、開店資金だ何だってね。その時にはあれか、ちょび髭のパパがいたのかな。

ママ:いなかったのよー。だからすごく低予算で始めたんですよ。

編集部:でも、ワインがお好きで、ワインバーで働いていたのに、なぜスナックなんですか?

玉ちゃん:これはね、ママの夢が本当はあるわけよ、この先にね。なぜスナックになてしまったのかって言うね。でも、まだ夢はあるわけよ。いずれは、追々ね、ワインを中心としたお店を開きたいわけですよ。そ、れ、が、今は……。

ママ:はい、とりあえずスナックで(笑)

玉ちゃん:ハハハッ! でも、ママの夢はそういうことだからね。

ママ:そう、でも説得力あるワインを集めようと思うと結構かかるからね。せっかくだったらそういう方がいいと思うから。

玉ちゃん:そのママの理想を知っているのに、この相反する二階堂を飲んでる俺ね。

ママ:この二階堂がいずれワインに繋がるのw

映画と愛犬リッチー・ブラックモア(トイプー)を愛する赤坂の杉本彩

玉ちゃん:いや、でもね。栃木のど田舎の山ん中から出てきて、文化服装学院に通ってた娘だったのにね、すごいよね。

編集部:文化服装?

ママ:そうそう、お洋服にすごく興味があって。2年間、毎日2時間くらいかけて栃木から通って、頑張って勉強してね。で、結局、服は買うもんだなって思ったの(笑)

玉ちゃん:作るもんじゃねー、買うもんだってね。こりゃ、いいね!ワインも飲むもんだってな。

ママ:そうそう、ワインなんて覚えるもんじゃねー、飲むもんだっ! てね(笑)

玉ちゃん:さすが、赤坂の杉本彩!

編集部:なんですか、それ?

玉ちゃん:TBSの安住アナが、ママをそう名付けたのよ(笑)

ママ:よく行く真っ暗なバーで、毎回見かける紳士な安住さんがいるんですよ(笑)

編集部:ママ、そんなに有名なんですか!?

玉ちゃん:そりゃ、優良店だってことだよ。

ママ:あら、嬉しい。

玉ちゃん:たまにしかぼったくらないから(笑)

ママ:そうそうそう。

編集部:それは、相手を見て決めるんですか?

ママ:ううん、気分ね(笑)

編集部:怖っ!

玉ちゃん:いやいや、女性一人でやっていくんだから色々ありますよ。起業ですよ。ベンチャー超えてアドベンチャーですよ!

ママ:そうね、どっちかって言うとアドベンチャーねw

玉ちゃん:でも、やっぱりあれかね、ママは人と喋ったりするのが好きなのかね。

ママ:好きですよ。でも、本当は人見知りなんですよ。

玉ちゃん:いや、でもね、ワインもそうだけど、今流行りの映画を観に行ったりしてるしね、音楽とか映画とか文化的な話ができるのが楽しいよ。俺なんかは、見逃した映画の情報をママに聞きに来ちゃうもんね。ネタバレでいいから教えてくれって。

ママ:そうそう、映画好きだからね。休みの日は映画か犬かな。

玉ちゃん:犬、なんだっけ?

ママ:トイプードルね。

玉ちゃん:トイプーね。ぽいねー。トイプー、赤ワイン、バルト9。そりゃ、誰が来ても何でも話せるし楽しいな。

編集後記
美人ママと爽快なトークと美味しいお酒。そりゃ楽しくないはずがない。今年で9周年を迎えるにママが若いというのも、スナック未経験の30代男性にとっては入りやすいかもしれない。ママが不在でもご安心を。日本語ペラペラのフランス人を含めて常に2〜3人はスタッフの女性がいるようなので、一人で行っても楽しく過ごせる。夜の赤坂に薔薇を見に行ってみてはいかが?

BEAUTY
★★★
「赤坂の薔薇は美しい」

WINE
★★★
「さすがワイン好きのママの店。ここはワインバーか?」

MOVIE
★★★
「ネタバレOKな人は、見逃した映画のこと聞くといいよ」

Rose
住所:東京都港区赤坂4丁目2-3 ディアシティ赤坂一ツ木館B1-109
TEL:03-3585-5553


Composition=河合昇平(コレロ) Photograph=吉田タカユキ


>>>シリーズ【玉袋筋太郎のスナックミシュラン】

生演奏つきで朝まで熱唱できる隠れ家⑤新宿歌舞伎町『向日葵』

20年間ソープ嬢だったママの矜持④新宿·歌舞伎町『港崎』

背中から学ぶスナック道③東京·中野『カプリコーン』






玉袋筋太郎
玉袋筋太郎
1967年6月22日、東京都新宿区生まれ。実家はスナック。高校卒業後にビートたけしに弟子入りし、1987年に水道橋博士と漫才コンビ「浅草キッド」を結成。社団法人全日本スナック連盟会長も務め、『浅草キッド玉ちゃんのスナック案内』などの本を手がける。
気になる方はこちらをチェック